赤石駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
赤石駅
あかいし
AKAISHI
北野畑 (1.1km)
(1.5km) 長瀬
所在地 岐阜県揖斐郡谷汲村長瀬
(現・揖斐川町谷汲長瀬)
北緯35度30分43秒 東経136度39分04秒 / 北緯35.511876度 東経136.651006度 / 35.511876; 136.651006
所属事業者 名古屋鉄道
所属路線 谷汲線
キロ程 6.9km(黒野起点)
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
乗降人員
-統計年度-
60人/日
-1992年[1]-
開業年月日 1926年大正15年)4月6日
廃止年月日 2001年平成13年)10月1日
テンプレートを表示

赤石駅(あかいしえき)は、岐阜県揖斐郡谷汲村(現、揖斐川町)にあった名古屋鉄道谷汲線である。旧谷汲村の南東に位置した。

歴史[編集]

1926年に谷汲線の前身である谷汲鉄道の駅として開業した。同線は2001年に廃止され、それとともに廃駅となった。

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線のみを持ち、列車交換はできなかった。

配線図[編集]

赤石駅 構内配線略図

谷汲方面
赤石駅 構内配線略図
黒野方面
凡例
出典:[6]


利用状況[編集]

  • 『名古屋鉄道百年史』によると1992年度当時の1日平均乗降人員は60人であり、この値は岐阜市内線均一運賃区間内各駅(岐阜市内線・田神線・美濃町線徹明町駅 - 琴塚駅間)を除く名鉄全駅(342駅)中340位、 揖斐線・谷汲線(24駅)中22位であった[1]

駅周辺[編集]

田畑が広がり、その先に人家がある。根尾川を挟んだ対岸には工場が立地し、樽見鉄道樽見線も通じている[7]

隣の駅[編集]

名古屋鉄道
谷汲線
北野畑駅 - 赤石駅 - 長瀬駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 名古屋鉄道広報宣伝部(編) 『名古屋鉄道百年史』 名古屋鉄道、1994年、651-653頁。
  2. ^ 「地方鉄道運輸開始」『官報』1926年4月13日(国立国会図書館デジタル化資料)
  3. ^ a b 『岐阜のチンチン電車 岐阜市内線と美濃町・揖斐・谷汲線の85年』 郷土出版社1997年、220-230頁。ISBN 4-87670-097-4。
  4. ^ 名古屋鉄道広報宣伝部(編) 『名古屋鉄道百年史』 名古屋鉄道、1994年、882頁。
  5. ^ 今尾恵介(監修) 『日本鉄道旅行地図帳』7 東海、新潮社2008年、53頁。ISBN 978-4-10-790025-8。
  6. ^ 電気車研究会、『鉄道ピクトリアル』通巻第473号 1986年12月 臨時増刊号 「特集 - 名古屋鉄道」、付図「名古屋鉄道路線略図」
  7. ^ 川島令三全国鉄道事情大研究』名古屋北部・岐阜篇 1、草思社1997年、146頁。ISBN 4-7942-0796-4。

関連項目[編集]