赤穂発電所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Crystal energy.svg 赤穂発電所
赤穂発電所
赤穂発電所
種類 火力発電所
電気事業者 関西電力
所在地 日本の旗 日本
兵庫県赤穂市
加里屋字東沖手1062番地
北緯34度44分29.7秒 東経134度22分45秒 / 北緯34.741583度 東経134.37917度 / 34.741583; 134.37917座標: 北緯34度44分29.7秒 東経134度22分45秒 / 北緯34.741583度 東経134.37917度 / 34.741583; 134.37917
1号機
発電方式 汽力発電
出力 60万 kW
燃料 重油原油
営業運転開始日 1987年9月
2号機
発電方式 汽力発電
出力 60万 kW
燃料 重油、原油
営業運転開始日 1987年12月
公式サイト:赤穂発電所
テンプレートを表示

赤穂発電所(あこうはつでんしょ)は、兵庫県赤穂市加里屋字東沖手1062にある関西電力石油火力発電所

概要[編集]

1987年9月に1号機が運転を開始、2号機までが建設された。毎年4月初旬に構内を開放して、さくらまつりを開催している。

石油火力発電所であるため原油高の影響を受けやすいほか、不況による電力需要の伸び悩みなどにより1号機が2001年から2007年まで長期計画停止される[1] など、稼動率は低い。

重油・原油から、石炭への燃料転換工事を2015年度中に着工し、2020年度の完成を目指している。[2]

しかし、計画の公表以降、節電の定着や省エネの進展などにより、関西の電力需要が減少し、今後も大きな伸びは期待できない状況にあることや、平成27年7月に2030年のエネルギーミックスが策定され、政府の温室効果ガス削減目標が設けられるなど、CO2排出量の削減に向けた対策の強化が求められていることなど、当社を取り巻く経営環境を勘案した結果、赤穂発電所の燃料転換計画を見直し、重油・原油を燃料とする現在の運用を継続することとした。[3]

背景には、電力自由化や電気料金値上げによる新電力以降による販売電力量の落ち込みがあり、平成29年3月期第3四半期決算によれば、販売電力量は前年比4.6%減で900億kWhを割り込み、[4]このまま契約戸数の減少が続けば近いうちに販売シェア3位の中部電力(同じ期の販売電力量は関西電力と約3億kWh差)[5]に逆転される可能性がある。

発電設備[編集]

  • 総出力:120万kW[6]
1号機
定格出力:60万kW
使用燃料:原油重油
営業運転開始:1987年(昭和62年)9月
2号機
定格出力:60万kW
使用燃料:原油、重油
営業運転開始:1987年(昭和62年)12月

出典[編集]

関連項目[編集]