赤競

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
競輪新聞「赤競」

事業者 日刊プロスポーツ新聞社
本社 東京都荒川区
代表者 代表取締役社長 竹内 広
創刊 1949年
言語 日本語
価格 1部 60円
ウェブサイト https://akakei.net/
株式会社日刊プロスポーツ新聞社
Nikkan Prosports Shimbunsha Inc.
本社所在地 日本の旗 日本
〒116-0014
東京都荒川区東日暮里4-19-2
事業内容 競輪に関する新聞の発行・販売、WEBでの情報販売
設立 1947年
業種 情報・通信業
資本金 9,000万円
従業員数 64名
外部リンク http://www.nikkan-pro.co.jp/
テンプレートを表示

赤競あかけい)とは、関東地方南部で発売されている競輪予想紙である。一部550円(2015年元日から。それまでは500円)。株式会社日刊プロスポーツ新聞社が発行する。

概要[編集]

元々は「競輪新聞」として1949年大宮競輪場開設と同時に創刊。創刊当初から赤い文字の題字を使用していたことから、競輪ファンの間で「赤競」の通称で知られるようになり、後に通称の「赤競」を正式な新聞名として使用するようになった(ただし、「競輪新聞」の題字は2014年現在も使用している)。

「赤競」は競輪予想紙の中でも、ネット、コンビニを利用した販売経路を多用した買いやすさを売りにしている。

なお発行元は「赤競」以外にもプロスポーツという週刊の競輪情報紙も発行している。

発行エリア[編集]

主に東京都と南関東自転車競技会の一部が中心だが、記念競輪以上のグレードであると全国に広がる。

発行競輪場は次の通り

その他、競輪場外車券売場ラ・ピスタ新橋では小倉競輪場福岡県)のナイター開催がある際の場外版の発行も行われている。

販売方法[編集]

競輪予想紙は通常、駅や競輪場の売店で購入するのが主だが、この会社では多様な販売方法をとっている。

  • 赤競.NET - ネットを通じPDFファイルで販売。1レース60円から購入出来る。
  • 赤競CNET(コンビニネット) - セブン-イレブンにある端末にてダウンロード販売。
  • FAX-NET赤競

関連項目[編集]