赤羽幾一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

赤羽 幾一(あかはね いくいち、1896年9月21日 - 1971年3月30日)は日本政治家松本市長

1942年から1943年まで東京市葛飾区、同年から1945年まで同市麻布区の官選区長を務めた後[1]1945年12月から約半年間、前任者の平山市政で助役を務め、職跡を継いで官選最後の松本市長となった。「長野県進駐軍司令部松本支部」との応対にあたった。在任中、松本にも製造拠点を置いていた片倉製糸紡績GHQ財閥解体指令を受けている。

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 『長野県歴史人物大事典』 郷土出版社、1989年


公職
先代:
田島長三郎
葛飾区
1942年 - 1943年
次代:
鹿谷義一
先代:
中川徴次
麻布区
1943年 - 1945年
次代:
金子吉衛