赤羽警察署

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Asahikage.svg 警視庁赤羽警察署 Japanese Map symbol (Police station).svg
Akabane police station Kita-ku Tokyo Japan.jpg
都道府県警察 警視庁
管轄区域 北区
赤羽岩淵町
志茂神谷赤羽南
赤羽西西が丘
赤羽台桐ヶ丘
赤羽北浮間
課数 6
交番数 9
駐在所数 0
所在地 115-0043
東京都北区神谷三丁目10番1号
位置 北緯35度46分28.1秒
東経139度44分2.2秒
座標: 北緯35度46分28.1秒 東経139度44分2.2秒
外部リンク 赤羽警察署
テンプレートを表示

赤羽警察署(あかばねけいさつしょ)は、東京都にある警視庁が管轄する警察署の一つである。第十方面本部所属。管内には第十方面交通機動隊(十交機)本部も存在する。

北区の北側を管轄している。

署員数およそ290名、識別章所属表示はRC。

所在地[編集]

  • 東京都北区神谷三丁目10番1号

施設[編集]

管轄区域[編集]

北区のうち、以下の町丁の全域を管轄。

不祥事[編集]

2017年平成29年)6月に埼玉県さいたま市浦和区埼玉県警察浦和警察署管轄)の自宅マンションで夫の遺体を放置したとして、死体遺棄罪起訴された53歳(2017年7月6日現在)の女が、同月9日正午頃に赤羽駅前交番に「旦那を殺しちゃった」と自首したが、対応した60代の男性交番相談員は、女が微笑みながら話す等した為妄想と判断し[1]、当署へ行くよう促しただけで署への連絡等の措置は取らず[2]、女は約30分後に当署を訪れ、2人の巡査部長が話を聞いた[1]が、女の話に一貫性が無い[注釈 1]こと等から妄想と判断し[2]、書類の作成や上司への報告を怠り[1]そのまま帰し、女は10日未明にも赤羽駅前交番を訪れたが、当直の署員が帰すよう指示し[2]、これらの不手際により事件の発覚が遅れた[3]。女は11日、持病の治療の為に訪れた北区内の病院で[2]「夫を殺したかもしれない」と話した為、病院職員が110番通報し[1]、警視庁を通じて連絡を受けた埼玉県警察が遺体を発見し、15日に女を死体遺棄容疑で逮捕した[2]。女の夫は、女が最初に申告した時点で既に亡くなっていたとみられている[1]

組織[編集]

交番[編集]

  • 西が丘交番(北区西が丘一丁目)
  • 赤羽西交番(北区赤羽西二丁目)
  • 志茂四丁目交番(北区志茂四丁目)
  • 赤羽駅前交番(北区赤羽一丁目)
  • 法善寺交番(北区赤羽台三丁目)
  • 岩渕交番(北区岩淵町)
  • 赤羽北交番(北区赤羽北二丁目)
  • 浮間交番(北区浮間四丁目)
  • 宮堀交番(北区神谷三丁目)

廃止された交番[編集]

  • 志茂交番(北区赤羽南一丁目)※2007年3月で赤羽駅前交番に統合され廃止。現在は志茂地域安全センターとなっている[4]

駐在所[編集]

なし

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 女「やっぱり殺したかと思って」→巡査部長「家は何処?」→女「さいたま」→巡査部長「どうして赤羽に来たの?」→女「わからないです」[1]

出典[編集]