超ド級!世界のありえない映像

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
超ド級!世界のありえない映像
ジャンル バラエティ番組 / 特別番組
企画 長嶋大介
演出 星利也(総合演出 / プロデューサー兼務)
ナレーター 窪田等
ほか
言語 日本の旗日本語
製作
プロデューサー 須沼望、白川ゆうじ、三宅瑠衣子
制作 フジテレビ
放送
放送チャンネルフジテレビ系列
映像形式字幕放送
音声形式ステレオ放送
放送国・地域日本の旗 日本
放送期間2009年 - 現在
放送時間不定期
超ド級!世界のありえない映像博覧会
司会者伊東四朗
放送時間不定期
回数3回
超ド級!世界のありえない映像烈伝
司会者宮迫博之雨上がり決死隊
放送時間不定期
回数10回
超ド級!世界のありえない映像ベスト
放送期間2010年9月5日
放送時間日曜19:00 - 20:54
放送分114分
回数1回
超ド級!世界のありえない映像大賞
放送時間不定期
回数8回
超ド級!世界のありえない映像大賞
テンプレートを表示

超ド級!世界のありえない映像(博覧会・烈伝・ベスト・大賞)』(ちょうドきゅう せかいのありえないえいぞう(-はくらんかい、-れつでん、-ベスト、-たいしょう))とは、2009年よりフジテレビ系列において放送されている、特別番組とそのシリーズである。

2010年9月5日には、『超ド級!世界のありえない映像ベスト』と題して、博覧会・烈伝の過去の放送で取り上げた映像で厳選された映像を振り返る総集編が放送された。

2018年1月5日には、『超ド級!世界のありえない映像大賞』と題して、各部門別に映像を紹介して、ゲストは審査員として出演しており、番組の最後に出演者全員で審議して決定した大賞を、司会が発表する内容へとリニューアルされた[1]

2019年1月4日には、番組史上最長の5時間の拡大版が放送された[2]

概要[編集]

世界中で集めた日常ではありえない出来事や瞬間の映像を次々と紹介、パネラーたちが評価し、最もあり得ない映像、通称「ありえ9」を決める番組。現在は様々な内容を行っている。番組最高視聴率は19.2%を獲得。

放送日[編集]

超ド級!世界のありえない映像博覧会
回数 放送日 放送時間(JST 備考
第1回 2009年10月5日月曜日 19:00 - 20:54
第2回 2011年4月5日火曜日 19:00 - 22:00 カスペ!』枠
第3回 2013年6月25日(火曜日) 18:55 - 21:48
超ド級!世界のありえない映像烈伝
回数 放送日 放送時間(JST 備考 視聴率
第1回 2010年1月16日土曜日 19:00 - 20:54
第2回 2010年6月19日(土曜日)
第3回 2010年9月25日(土曜日)
第4回 2010年10月2日(土曜日)
第5回 2011年7月1日金曜日
第6回 2012年1月6日(金曜日)
第7回 2014年9月16日(火曜日) 19:00 - 21:54 『カスペ!』枠
第8回 2015年10月6日(火曜日) 13.3%
第9回 2016年3月22日(火曜日)
第10回 2016年9月27日(火曜日)
超ド級!世界のありえない映像ベスト
回数 放送日 放送時間(JST 備考
第1回 2010年9月5日日曜日 19:00 - 20:54
超ド級!世界のありえない映像大賞
回数 放送日 放送時間(JST 備考 視聴率
第1回 2018年1月5日(金曜日) 19:00 - 21:54 金曜プレミアム』枠
一部地域のみ19:57より飛び乗り。
第2回 2018年4月3日(火曜日) 19:00 - 22:54 一部地域は19:57より飛び乗り、また22:48で飛び降り。
尚、テレビ新広島では広島東洋カープ戦中継の為、21:00 - 22:48に短縮版を放送。
第3回 2018年9月25日(火曜日) 19:00 - 21:54 一部地域は19:57より飛び乗り、また21:48で飛び降り。
尚、テレビ新広島では広島東洋カープ戦中継の為、
当初は同日21:00 - 21:48に短縮版を放送予定だったが中継が延長した為、9月28日(金曜日)19:00 - 19:48に振替放送された。
第4回 2019年1月4日(金曜日) 18:30 - 23:22 『金曜プレミアム』枠
尚、『プライムニュース イブニング』は18:30までの短縮版として放送。
一部地域は23:16で飛び降り。
9.9%
第5回 2019年4月5日(金曜日) 19:00 - 22:52 『金曜プレミアム』枠
一部地域は22:46で飛び降り。
第6回 2020年4月1日(水曜日) 21:00 - 22:54 当初は19:00からの放送予定だったが『志村けんさん追悼特別番組 46年間笑いをありがとう』[注 1]放送のため急遽短縮で放送。
一部地域は22:48で飛び降り[3]
第6回(2) 2020年5月9日(土曜日) 19:00 - 21:00 上記の第6回で放送予定だった短縮による未放送の部分を再編集で放送。
一部地域は20:54で飛び降り。
第7回 2020年8月22日(土曜日) 19:00 - 23:10 一部地域は23:04飛び降り。
第8回 2020年12月30日(水曜日) 18:00 - 21:00 10.2%
第9回 2021年2月28日(日曜日) 20:00 - 21:54 日曜ワンダー!』枠
一部地域は21:48で飛び降り。
第10回 2021年6月6日(日曜日) 日バラ8』枠
一部地域は21:48で飛び降り。
第11回 2021年7月25日(日曜日)
(予定)
補足
  • 番組の途中で飛び乗り・飛び降りしたネット局はオープニングなど内容を一部カットした編集版やエンドロール付きでフルネット版に見せかけた仕様の飛び降りとなっている。

出演者[編集]

司会(過去の出演、現在は司会を置いていない)
アシスタント
ナレーター(2020年現在)
ナレーター(過去)
審査委員長(2020年新春スペシャル、2021年)
進行(2021年現在)
ゲスト
  • 毎回異なる芸能人が数名出演。


脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 志村けんが急逝した3月29日の翌日の3月30日に志村の追悼番組が急遽編成されることになり、同番組の放送と同時に本番組の短縮放送が決定した。

出典[編集]

関連項目[編集]