超塩基性岩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
化学組成による火山岩の分類

超塩基性岩(ちょうえんきせいがん、: ultrabasic rock[1])とは、SiO2含有量(重量%)が45%以下の岩石。この「塩基性」という語は、化学で用いられるのとは意味が異なる。

苦鉄質鉱物(マフィック鉱物)と珪長質鉱物(フェルシック鉱物)の量比から定義された超苦鉄質岩(超マフィック岩)とほぼ同じ意味で用いられることも多いが、定義が異なる。例えば、輝石岩(英語: Pyroxenite)は超苦鉄質岩であるが、SiO2は45%以上である[2][3]

主な超塩基性岩[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 文部省編 『学術用語集 地学編』 日本学術振興会1984年、167頁。ISBN 4-8181-8401-2。
  2. ^ 『岩石学II』、86頁。
  3. ^ 『偏光顕微鏡と岩石鉱物 第2版』、231頁。

参考文献[編集]

  • 都城秋穂久城育夫 『岩石学II - 岩石の性質と分類』 共立出版〈共立全書〉、1975年、6-8・86-90頁。ISBN 4-320-00205-9。
  • 黒田吉益諏訪兼位 『偏光顕微鏡と岩石鉱物 第2版』 共立出版1983年、230-232・257-263頁。ISBN 4-320-04578-5。
  • 山崎貞治 『はじめて出会う岩石学 : 火成岩岩石学への招待』 共立出版1990年、85頁。ISBN 4-320-04623-4。

関連項目[編集]