超機動放送アニゲマスター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

超機動放送アニゲマスター(ちょうきどうほうそうアニゲマスター、Super Mobile Wave A/G Master)は、1997年10月12日から2004年3月27日まで文化放送で放送されていたアニラジ番組である。

概要[編集]

文化放送A&Gゾーン中核番組/A&Gゾーン唯一のワイド番組と称された。当番組が土曜夜に枠移動したことで、月曜から土曜にかけてのゴールデンタイムで生放送のワイド番組が組まれたことになる。

同時期ニッポン放送では、荘口彰久[1]のアニラジ番組『岩男潤子と荘口彰久のスーパーアニメガヒットTOP10』が放送されており、当時は佐々木・荘口共にライバル同士の局の社員ではあったが、互いの番組に出演しあうなどの交流を見せていた。

2004年3月27日の放送をもって、6年半の放送に幕を閉じた。後継番組は『A&G 超RADIO SHOW〜アニスパ!〜』である。

番組放送開始20周年にあたる2017年11月3日に「超!A&G+スペシャル 超機動放送アニゲマスター特番」として1時間の復活放送を実施。事前収録ではあったが、当番組初の動画付き放送となった。

放送時間[編集]

  • 第1回は1997年10月12日の日曜日、18:30 - 20:30(JST)に文化放送ディレクターであったおたっきぃ佐々木声優菊池志穂池澤春菜のパーソナリティで放送。日曜日での放送は1997年10月から1998年3月にかけての半年のみであった。[2]
  • 放送時間は1998年4月に毎週月曜19:00 - 21:00、同年10月に毎週土曜21:00 - 22:30、1999年4月に毎週土曜21:30 - 23:00(9月4日から10月2日は21:00 - 22:30)の90分枠に、同年10月に毎週土曜21:00 - 23:00の2時間枠に4度変更となった。
  • 1999年よりプロ野球オフシーズン中には21:00 - 22:00でラジオ福島山陽放送四国放送南海放送にもネットされていた。
  • 2017年特番は超!A&G+で11月3日16:00 - 17:00に放送。再放送は11月4日8:00 - 9:00、11月5日6:00 - 7:00。(いずれも「超!A&G+スペシャル」枠)

パーソナリティ[編集]

声優のパーソナリティは毎週交代で出演した。最終回は歴代のパーソナリティーが全員出演した。2017年特番では佐々木、榎本が進行し、他4名はコメントを寄せた。

  • おたっきぃ佐々木
  • 菊池志穂(開始 - 1998年3月…半年)
  • 池澤春菜(開始 - 1999年3月…1年半)
  • 豊口めぐみ(1998年4月 - 終了…5年)
  • 榎本温子(1999年4月 - 2003年3月…4年、2017年特番)
  • 山本麻里安(2003年4月 - 終了…1年)

主題歌[編集]

  • OP1「たたかえ アニゲマスター
  • OP2「DREAM AGAIN
    • 作詞:おたっきぃ佐々木 作曲:有坂光弘 編曲:酒井良
    • 歌:おたっきぃ佐々木
  • OP3「Maybe Right
  • OP4「power of love
    • 作詞:おたっきぃ佐々木、石田燿子 作曲:奥井雅美 編曲:Monta
    • 歌:石田燿子 コーラス:奥井雅美
  • ED1「世紀末でも平気
  • ED2「恋は…(?)リズムとタイみんぐ
  • ED3「ニコピョンLOVE
    • 作詞:相田毅 作曲:西岡和也 編曲:西岡和也
    • 歌:中原麻衣、中世明日香

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 当時・ニッポン放送アナウンサー
  2. ^ その後、日曜夜のナイターオフのゴールデンタイム枠は、スポーツ系番組などになり、2002年秋改編からの『ラジオふるさと便』へと続いていった。

関連項目[編集]

文化放送 ナイター枠月曜19:00-21:00
前番組 番組名 次番組
超機動放送アニゲマスター
(日曜18:30-20:30より移動)
(1998・4 - 9)
-
文化放送NRN 土曜21:00 - 23:00枠
バンブー・ささみぃのレディオX
21:30 - 22:00
Dreamcastアワー 北へ。White Illumination
22:30 - 23:00
超機動放送アニゲマスター
(1998・10 - )