超苦鉄質岩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
超苦鉄質岩の分類(カンラン石-斜方輝石-単斜輝石の関係)

超苦鉄質岩(ちょうくてつしつがん、: ultramafic rock[1])あるいは超マフィック岩(ちょうマフィックがん)とは、ほとんどがカンラン石輝石角閃石などの苦鉄質鉱物(マフィック鉱物)からなり、長石石英などの珪長質鉱物(フェルシック鉱物)をほとんど含まない岩石

SiO2含有量から定義された超塩基性岩とほぼ同じ意味で用いられることも多い。

超苦鉄質岩の分類[編集]

かんらん岩、輝石岩(英語: Pyroxenite)、角閃石岩(英語: Hornblendite)、蛇紋岩など。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 文部省編 『学術用語集 地学編』 日本学術振興会1984年、168頁。ISBN 4-8181-8401-2。

参考文献[編集]

  • 都城秋穂久城育夫 『岩石学II - 岩石の性質と分類』 共立出版〈共立全書〉、1975年、86-90頁。ISBN 4-320-00205-9。
  • 黒田吉益諏訪兼位 『偏光顕微鏡と岩石鉱物 第2版』 共立出版1983年、230-232頁。ISBN 4-320-04578-5。
  • 山崎貞治 『はじめて出会う岩石学 : 火成岩岩石学への招待』 共立出版1990年、80-82頁。ISBN 4-320-04623-4。

関連項目[編集]