超高速データベース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

超高速データベース(ちょうこうそくデータベース)とは、普通の関係データベース管理システム (RDBMS) で処理が間に合わない案件に対して、導入が検討されるデータベース管理システム(DBMS、一部そう表現できない物もあり)を指す。広義には以下の物が存在する。

メモリDBMS系を指す事も多いようである。

特徴(メモリデータベース系)[編集]

  • 従来のディスク上にデータを置かず主メモリに置くことでI/Oコストを減らす事で高速化。
  • 64ビット環境に対応する事により使用できるメモリ容量が増大 (2G=>1TB)
  • T-treeインデックスを採用[1]
  • メーカ独自の技術による高速化(DayDa.LabooLFM等)

T-Treeインデックス[編集]

  • 分岐するノード数が少ない
  • ポインタとしてメモリー・アドレスを使う

対象製品とシェア(メモリデータベース系)[編集]

オープンソース[編集]

市販製品[編集]

販売形態[編集]

  • 大手SI企業経由がほとんど(一部直販している所もあり)
  • ライセンス形態として、CPUなどでなくデータ量によるライセンス販売があるのもこのジャンルの特徴である。

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ディスク型DBはB-Treeインデックス
  2. ^ HSQLDBの後継とも言われているもの