越後曽根駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
越後曽根駅
駅舎(2004年7月)
駅舎(2004年7月)
えちごそね
Echigo-Sone
(4.6km)
(2.5km) 越後赤塚
所在地 新潟市西蒲区川崎[1]
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 越後線
キロ程 62.4km(柏崎起点)
電報略号 エソ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線[1]
乗車人員
-統計年度-
871人/日(降車客含まず)
-2018年-
開業年月日 1912年大正元年)8月25日[1]
備考 業務委託駅
みどりの窓口[1]
テンプレートを表示

越後曽根駅(えちごそねえき)は、新潟県新潟市西蒲区川崎にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)越後線[1]

歴史[編集]

  • 1912年大正元年)8月25日:越後鉄道・白山〜吉田間開業の際に開設。当時の駅名は曽根駅(そねえき)[1]
  • 1913年(大正2年)4月20日:同・出雲崎〜地蔵堂間が開業し全通した際、現駅名に改称[2]
  • 1927年昭和2年)10月1日:越後鉄道が国有化。国鉄越後線となる。
  • 1967年(昭和42年)2月1日:現在の駅舎が竣工[1]
  • 1974年(昭和49年)4月1日:貨物扱い廃止。
  • 1981年(昭和56年):現在の跨線橋が竣工。構内踏切を廃止。
  • 1987年(昭和62年)4月1日:国鉄分割民営化によりJR東日本に移管。
  • 1988年(昭和63年)3月13日:新潟 - 越後曽根間1往復(7時台)の運行を開始(休日運休。1991年3月16日から運行区間を巻駅まで延長し、その後毎日運転に変更)。
  • 1997年(平成9年)1月24日みどりの窓口設置。
  • 2002年(平成14年)9月:売店(キオスク)が閉店。
  • 2006年(平成18年)1月21日:新潟都市圏でICカード「Suica」のサービスを開始。
  • 2007年(平成19年)3月18日:新潟 - 越後曽根間1往復(21時台)の運行を開始(土曜・休日は内野止まり。2010年3月から土曜日も運転、同年12月より吉田駅まで延長運転のうえ毎日運転に変更)。
  • 2010年(平成22年)12月4日:新潟 - 越後曽根間1往復(6時台)の運行を開始(越後赤塚駅で折り返していた列車を当駅まで延長運転したもの。ただし運転開始初日は強風により運休となった)。
  • 2015年(平成27年)1月19日:新型簡易Suica改札機へ交換(出場用改札機の設置位置がホーム内から駅舎内へ変更。1月19日に駅舎中央付近に仮設置し、旧改札機の撤去工事などを実施後、1月26日に改札口付近に本設置)。

駅構造[編集]

改札口・券売機周辺(2019年3月)

相対式ホーム2面2線を有する地上駅[1]。互いのホームは跨線橋で連絡している。

新潟駅が管理し、駅業務をジェイアール新潟ビジネスが受託する業務委託駅。1番線東側に面する駅舎内にはみどりの窓口(営業時間:7:00 - 17:00)、簡易Suica改札機(入場用・出場用各1台)、自動券売機(タッチパネル式2台)の他、待合室、自動販売機、トイレ(改札内)、公衆電話などがある。駅舎入り口にはスロープが設置(写真はスロープ設置前の駅舎) されており、1番線へはトイレを含めてバリアフリー構造となっている(2番線へは跨線橋の階段を利用することとなる)。早朝と夜間には無人となるが、有人時には列車別改札を実施しており、列車発着時以外は原則ホームへの出入りはできない。

駅西側に出入口が無いため、駅を利用するには周辺の踏切へ大きく迂回しなければならないが、新潟市では旧西川町との合併建設計画に基づき、駅東西を連絡する地下通路(全長66m)の建設を計画している。

かつてはキヨスクも営業していたが、2002年9月に閉店した。駅舎内の自動券売機横には手小荷物窓口跡が確認できる。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1・2 越後線 下り 新潟方面[3]
上り 吉田柏崎方面[3]
  • 1番線を主本線とした一線スルーとなっており、列車の行き違いがない場合は両方向の列車とも、駅舎(東側)に面する1番線から発着する。列車交換時は、新潟方面が原則2番線から発着するが、朝の巻行は2番線から発着する。また、ダイヤが乱れている場合や臨時列車についても吉田方面が2番線から発着する場合がある。
  • 6時台に新潟 - 越後曽根間を折り返す列車が1往復設定されている。

利用状況[編集]

JR東日本によると、2018年度(平成30年度)の1日平均乗車人員は871人である[利用客数 1]。緩やかな減少傾向であるが、2007年や2011年など列車増発が行われた直後の年度については前年を上回っている。

近年の推移は以下のとおりである。

乗車人員推移
年度 1日平均
乗車人員
出典
2000年(平成12年) 1,486 [利用客数 2]
2001年(平成13年) 1,455 [利用客数 3]
2002年(平成14年) 1,389 [利用客数 4]
2003年(平成15年) 1,391 [利用客数 5]
2004年(平成16年) 1,351 [利用客数 6]
2005年(平成17年) 1,328 [利用客数 7]
2006年(平成18年) 1,293 [利用客数 8]
2007年(平成19年) 1,306 [利用客数 9]
2008年(平成20年) 1,296 [利用客数 10]
2009年(平成21年) 1,214 [利用客数 11]
2010年(平成22年) 1,207 [利用客数 12]
2011年(平成23年) 1,242 [利用客数 13]
2012年(平成24年) 1,250 [利用客数 14]
2013年(平成25年) 1,230 [利用客数 15]
2014年(平成26年) 1,058 [利用客数 16]
2015年(平成27年) 1,007 [利用客数 17]
2016年(平成28年) 948 [利用客数 18]
2017年(平成29年) 910 [利用客数 19]
2018年(平成30年) 871 [利用客数 1]

駅周辺[編集]

周辺は新潟市西蒲区西川出張所管内の中心街で住宅街となっている。タクシーが待機している。

バス[編集]

バス路線図。当駅からは黄緑色の路線が出ている。時刻表は太陽交通:路線バス 白根-曽根駅線を参照。

タクシー会社によるジャンボタクシーを使用した路線バス南区(旧白根市)方面へ1路線のみ発着している。

※かつては、角田(妙光寺)、巻駅、大野(旧黒埼町)(当初は、大野経由万代シテイバスセンター)、内野方面などへの運行も行われていた[4]

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道(JR東日本)
越後線
巻駅 - 越後曽根駅 - 越後赤塚駅

脚注[編集]

[ヘルプ]

記事本文[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 『週刊 JR全駅・全車両基地』21号 新潟駅・弥彦駅・津南駅ほか、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2012年12月30日、22頁。
  2. ^ 「軽便鉄道停車場改称」『官報』1913年4月26日(国立国会図書館デジタル化資料)
  3. ^ a b 時刻表 越後曽根駅”. 東日本旅客鉄道. 2019年8月19日閲覧。
  4. ^ 過去10年間に廃止されたバス路線 (PDF) - 第2回 西蒲区公共交通のあり方に関する検討会 - 新潟市西蒲区 - WARP

利用状況[編集]

  1. ^ a b 各駅の乗車人員(2018年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年7月23日閲覧。
  2. ^ 各駅の乗車人員(2000年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月8日閲覧。
  3. ^ 各駅の乗車人員(2001年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月8日閲覧。
  4. ^ 各駅の乗車人員(2002年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月8日閲覧。
  5. ^ 各駅の乗車人員(2003年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月8日閲覧。
  6. ^ 各駅の乗車人員(2004年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月8日閲覧。
  7. ^ 各駅の乗車人員(2005年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月8日閲覧。
  8. ^ 各駅の乗車人員(2006年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月8日閲覧。
  9. ^ 各駅の乗車人員(2007年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月8日閲覧。
  10. ^ 各駅の乗車人員(2008年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月8日閲覧。
  11. ^ 各駅の乗車人員(2009年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月8日閲覧。
  12. ^ 各駅の乗車人員(2010年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月8日閲覧。
  13. ^ 各駅の乗車人員(2011年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月8日閲覧。
  14. ^ 各駅の乗車人員(2012年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月8日閲覧。
  15. ^ 各駅の乗車人員(2013年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月8日閲覧。
  16. ^ 各駅の乗車人員(2014年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月8日閲覧。
  17. ^ 各駅の乗車人員(2015年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月8日閲覧。
  18. ^ 各駅の乗車人員(2016年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月8日閲覧。
  19. ^ 各駅の乗車人員(2017年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月8日閲覧。

関連項目[編集]