越津ねぎ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
越津ねぎ(2018年3月)

越津ねぎ(こしづねぎ)は、あいちの伝統野菜にも選ばれている伝統野菜

概要[編集]

その名称は海部郡越津村(現津島市越津町)に由来する[1]江戸時代に当地において栽培がはじまり、現在は津島市を中心とした尾張地方豊田市などで生産されている[1]

旬は10月から3月ごろで、全体的に柔らかいために、および根深についても食用に適するのが特徴である[1]

栽培に労力がかかることなどを理由に、冬季に限って生産される傾向にある[2]。すき焼きなどに用いられる[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

  • 『温故知新野菜のほん 菜の巻』 愛知農業普及協会、愛知農業普及協会、2002年2月20日(日本語)。
  • 『事典 日本の地域ブランド・名産品』 日外アソシエーツ、日外アソシエーツ、2009年2月25日(日本語)。ISBN 978-4-8169-2163-6。