趙カ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
本来の表記は「趙嘏」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。

趙 嘏(ちょう か、生没年不詳)は、中国詩人は承祐。楚州山陽県の出身。

略歴[編集]

武宗会昌4年(844年)の進士大中年間(855年頃)に渭南県の尉となり、文名は高まったが、官位は昇らなかった。宣宗はその名を聞き、彼を抜擢しようとしたが、趙嘏の詩集の中の句が気に入らず、取り止めたと言う。また、「長笛一声 人 楼に倚(よ)る」の句が杜牧の激賞を受けたため、趙倚楼とも呼ばれた。

詩人としての彼[編集]

作品に、『江楼書感(江楼にて官を書す)』(七言絶句)がある。

江楼書感
独上江楼思渺然 独り江楼に上(のぼ)れば 思い渺然(びょうぜん)たり
月光如水水連天 月光は水の如く水は天に連なる
同来翫月人何処 同(とも)に来(きた)って月を翫(もてあそ)びし人は何処(いずく)ぞ
風景依稀似去年 風景は依稀(いき)として去年に似たり

出典[編集]