趙姫 (孫呉)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

趙姫(ちょうき、? - 243年)は、中国三国時代の女性。の宮廷女官。虞韙の妻。虞貞節とも呼ばれる。豫州潁川郡の趙氏の娘である。孫権の妃で趙達の妹(趙夫人)とは別人。

経歴[編集]

聡明で、博識で文才があった。才女として知られる。桐郷郡の県令の虞韙(東郡の出身)と結婚し、娘を産んだ。娘が嫁ぐ時「良いことはしないでください、悪いもさることながら」と戒める言葉[1]

夫が亡くなると孫権はその文才を敬服し、官庁に招かれ、趙姫と呼ばれた。その後、『後漢書』皇后紀および劉向の『列女伝』注解書である著書『趙母注』を書いた。字数は数十万字に及んだ。

234年、孫権は激怒して遼東公孫淵への遠征を計画したが、趙姫は上疏してこれを諌めた。孫権はその意見に納得した。

243年に死去した。

脚注[編集]

  1. ^ 羊徽瑜もそれに同意を示している。

参考文献[編集]

関連項目[編集]