趙宏偉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

趙 宏偉(ちょう こうい、Chou Koui, Zhao Hongwei, 1954年10月29日 - )は、日本在住の中国人政治学者。専門は中国政治・東アジア国際関係。

経歴[編集]

中国・遼寧省生まれ。吉林大学を卒業し記者などの職業を経験した後、1986年に日本に留学。東京大学大学院総合文化研究科地域文化研究専攻修士課程、博士課程を学び、1993年に博士(学術)の博士号を取得。現在、法政大学キャリアデザイン学部教授。

2016年2月末に出張のため中国北京を訪れた後、予定を過ぎても帰国せずに行方不明と報じられた[1][2]。3月23日になって、日本に戻る旨を家族に電話で伝えた[3]

著書[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 法大の趙宏偉教授、中国で失踪か 日本経済新聞 2016年3月18日
  2. ^ 法政大学教授、中国で行方不明に 拘束された可能性も 朝日新聞 2016年3月19日
  3. ^ 不明の中国人教授が家族に連絡「近く日本に戻る」当局が調査? 法政大「詳細控える」 産経ニュース 2016年3月23日