趙廷来

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
趙廷来
Cho Congnae.jpg
趙廷来
誕生 (1943-08-17) 1943年8月17日(73歳)[1]
全羅南道 順天[1]
職業 小説家[1]
言語 韓国語
活動期間 1970年[1] -
ジャンル 小説
代表作 太白山脈
デビュー作 누명(ぬれぎぬ)」[1]
公式サイト 조정래(チョ・ジョンネ)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示
趙廷来
各種表記
ハングル 조정래
漢字 趙廷來[2]
発音: チョ・ジョンネ
日本語読み: ちょう ていらい[要出典]
英語表記: Jo Jung-rae[2]
テンプレートを表示

趙 廷来(チョ・ジョンネ[3]1943年8月17日 - )は、韓国小説家。大河小説の作家として知られる。幼い頃に経験した麗水・順天事件朝鮮戦争が、趙の筆に大きな影響を与えたことは間違いない。大長篇『太白山脈』は分断直後からの朝鮮半島史を描ききった大作として文壇で高い評価を得た。

略歴[編集]

1943年8月17日、全羅南道昇州郡(現在の順天市)双岩面仙巌寺に生まれる。父は趙宗玄、母は朴聖純。4男4女の次男である。父は僧侶であり、仙巌寺の副住職を務めていた。趙もまた、幼年期を仙巌寺で暮らす。1947年、保守的な住職と父との間で悶着があり、趙一家は仙巌寺を離れ、順天邑幸洞に引っ越す。1948年麗水・順天事件が起こる。街には共産派の死体が散らばり、父は社会主義的思想を持っていたため当局に連行された。この事件は幼い趙の記憶に鮮明に残ることになる。父は1950年の冬に無罪放免で釈放されたが、廃人のようになっていた。

1949年、順天南国民学校に入学するも1950年朝鮮戦争が勃発し、田舎に疎開する。1951年に家に戻るも1・4後退で再び避難する。通学を再開できたのは1952年からであった。1956年、光州西公立中学校(現:光州第一高等学校)に入学、1959年にはソウルの普成高等学校に進学する。1960年4月19日、四月革命が起こり、授業は中断。この間、アーネスト・ヘミングウェイや、アルベール・カミュギ・ド・モーパッサンなど文学作品に耽溺した。他校生との農村活動を兼ねた文芸活動も行い、詩、小説、童話などを習作し始める。1962年東国大学校国文科に入学。大学で洪申善、姜熙根らと会う。初めは詩を習作するも小説家になることを志し、1963年に「創作文学会」を結成した。呉永寿を招聘して講義をしてもらったり、また「小説家を大学講師に呼ぶ」ことを要求するデモを起こすなど、活動的な会であったようだ。呉永寿とは師弟の関係になる。また、この頃、金初蕙と出会い、恋愛をする。1966年、陸軍に入隊、KATUSA(米国軍に配属された韓国軍)に配属される。入隊中、1967年1月29日、金初蕙と結婚する。1969年3月に除隊すると、教師の職を求めるが就職できず、仕事のないまま習作を続ける。

1970年に、『現代文学』に呉永寿の推薦で短篇「陋名」「先生님 紀行」が掲載されることになり、文壇にデビューする。創作活動に没頭する一方、1972年、中京高等学校の教師の職を得る。中京高校は1973年10月維新の余波で辞めることになったが、韓国文人協会の発行する『月刊文学』の編集の仕事を貰い、執筆活動と平行して仕事をこなす。しかし、編集業に携わる中で政治的な意図を持った非難や誤解を受けることとなり、1976年1月、文人協会を離れる。その後、『小説文芸』の運営を引き受け、8号と9号の発行に携わった。1978年、「民芸社」を設立し、本格的に出版業を始める。しばらく、出版業の仕事のため、創作活動から遠ざかるが、自らの本業は作家であることを見つめなおし、1981年から、創作活動に時間を割くことにする。この年、「유형의 땅 (流刑の地)」で現代文学賞を受賞、翌1982年、「인간의 문 (人間の門)」で大韓民国文学賞を受賞する。1983年から1989年まで、1万6千5百ページに及ぶ長篇「太白山脈」を書き上げ、文壇で絶賛を浴びた。その後も精力的に創作活動を続けている。

2017年の韓国大統領選挙では文在寅を支持した[4]


年譜[編集]

  • 1943年8月17日、全羅南道昇州郡双岩面仙巌寺(現・全羅南道順天市昇州邑仙巌寺)に生まれる。
  • 1947年、順天邑幸洞に引っ越す。
  • 1948年、麗水・順天事件に巻き込まれ、父が逮捕される。
  • 1949年、順天南国民学校に入学。
  • 1950年、忠清南道論山郡(現・論山市)に引っ越す。
  • 1953年、全羅南道宝城郡筏橋邑に引っ越す。
  • 1956年、光州西公立中学校に入学。
  • 1959年、ソウル市に引っ越し、普成高等学校に入学。
  • 1962年、東国大学校国文科に入学。
  • 1966年、軍隊に入隊。
  • 1967年1月29日、金初蕙と結婚する。
  • 1970年、「陋名」「先生님 紀行」で文壇にデビュー。
  • 1971年、長男、トヒョン(도현)が生まれる。
  • 1972年、中京高等学校 (ソウル特別市)韓国語版の教師を務める。
  • 1973年、『月刊文学』の編集を務める。
  • 1978年、「民芸社」を設立する。
  • 1981年、現代文学賞を受賞。
  • 1982年、大韓民国文学賞を受賞。
  • 1984年、小説文学作品賞を受賞。
  • 1991年、丹斉文学賞を受賞。
  • 1998年、魯迅文学賞を受賞。

代表作品[編集]

短篇

  • 1970年、누명
  • 1972年、이런 식이더이다
  • 1973年、거부반응
  • 1973年、타이거 메이저
  • 1974年、빙하기
  • 1974年、동맥
  • 1978年、마술의 손

中篇

  • 1972年、청산댁
  • 1973年、비탈진 음지
  • 1974年、황토
  • 1981年、유형의 땅
  • 1983年、박토의 혼

長篇

  • 1981年刊行、대장경
  • 1983年刊行、불놀이
  • 1988年刊行、어머니의 넋
  • 1989年刊行、태백산맥
  • 1994年刊行、アリラン
  • 2002年刊行、한강

日本語で読める作品[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 인물정보(人物情報) NAVER(韓国語) 2011年9月20日閲覧。
  2. ^ a b 조정래 (チョ・ジョンネ) chosun.com 포커스 인물 (フォーカス 人物)(韓国語) 2011年9月20日閲覧。
  3. ^ チョウ・ジョンネとも表記される。デジタルアーカイブ 詳細情報 国立国会図書館 デジタルアーカイブポータル 2011年9月20日閲覧。
  4. ^ “「SC초점」 "이 후보가 대통령 돼야" 대선판에 뛰는 ★들”. スポーツ朝鮮. (2017年5月1日). http://v.entertain.media.daum.net/v/20170501174208481 2017年6月14日閲覧。