趙翼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

趙 翼(ちょう よく、1727年12月4日雍正5年10月22日) - 1814年6月5日嘉慶19年4月17日))は、中国代の代表的な考証学者。耘崧(うんしょう)。号は甌北(おうほく)。常州府陽湖県の出身。

略歴[編集]

商人の家に生まれたが、乾隆帝に認められ軍機処の章京を務めた。その後、1761年進士に及第する。1766年鎮安府知府となる。本来は殿試一甲第一(状元)であったはずが、偶々一緒に殿試を受けた者の中に災害被災地域出身の受験者であった王傑という者がおり、恩賜によって特別に一甲第一待遇を受けることになった。その一方で、趙翼は辺遠の地方官を遍歴することに憤ったのか、一時期、官途を去り、郷里に戻る。1787年、旧知の仲の閩浙総督の李侍堯の幕僚の一員となった。その後は、安定書院の主講として著述に専心した。

主要な著作[編集]

陔余叢考 1772

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連文献[編集]

  • 清史稿』巻485
  • 『清史列伝』巻271
  • 『碑伝集』巻86
  • 宮崎市定『中国文明の歴史9 清帝国の繁栄』(中公文庫、2000年)ISBN 4122037379