足利インターチェンジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
足利インターチェンジ
Kita-Kanto Expway Ashikaga IC.JPG
所属路線 E50 北関東自動車道
IC番号 6
料金所番号 01-656
本線標識の表記 Japanese National Route Sign 0293.svg足利
起点からの距離 40.8 km(高崎JCT起点)
太田桐生IC (10.3 km)
(6.1 km) 出流原PA
接続する一般道 Japanese National Route Sign 0293.svg国道293号
供用開始日 2011年3月19日
通行台数 x台/日
所在地 326-0007
栃木県足利市菅田町
テンプレートを表示

足利インターチェンジ(あしかがインターチェンジ)は、栃木県足利市菅田町にある北関東自動車道インターチェンジである。

太陽光発電省エネルギー設備を導入した環境に優しい『ECOインター』として整備された[1]

歴史[編集]

接続する道路[編集]

料金所[編集]

  • ブース数:4

入口[編集]

出口[編集]

  • ブース数:2
    • ETC専用:1
    • 一般:1

周辺[編集]

[編集]

E50 北関東自動車道
(5) 太田桐生IC - (6) 足利IC - 出流原PA - (7) 佐野田沼IC

脚注[編集]

  1. ^ 環境にやさしい『ECOインター』の整備を推進します”. 東日本高速道路株式会社 (2010年5月27日). 2017年1月13日閲覧。
  2. ^ 北関東自動車道概要図 (PDF)”. 栃木県. 2017年1月13日閲覧。
  3. ^ 北関東自動車道(太田桐生IC〜佐野田沼IC間)の開通時間変更について” (2011年3月18日). 2017年1月13日閲覧。

関連項目[編集]