足利国朝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
足利国朝
時代 安土桃山時代
生誕 元亀3年(1572年
死没 文禄2年2月1日1593年3月3日
改名 乙若丸(幼名)→国朝
別名 喜連川国朝、通称:右兵衛督
戒名 法常院殿就山成公大禅定門
墓所 さくら市喜連川璉光院
氏族 足利氏小弓公方
父母 父:足利頼純、母:佐野晴綱娘
兄弟 女子、月桂院豊臣秀吉側室)、国朝頼氏、瓊山法清尼(東慶寺19世)
正室:氏姫足利義氏娘)

足利 国朝(あしかが くにとも)は、安土桃山時代武士。所領にちなんで喜連川国朝とも呼ばれる(弟の頼氏の代からは喜連川を名字とした)。の「国」(旧字体:國)、「朝」の両字は祖先にあたる河内源氏の人物が[1]使用したものに由来し、何か特別な理由があって先祖・先人にあやかる形で名乗ったのであろう。

なお、『喜連川判鑑』では男性の関東公方家当主としては唯一、花押の記載がない。

生涯[編集]

元亀3年(1572年)、小弓公方足利義明の次男・足利頼純(頼淳)の嫡男として誕生する。

古河公方足利義氏の死後、関東における足利氏の系統は断絶しており、豊臣秀吉は名族の足利氏が滅亡することを惜しみ、義氏の娘・足利氏姫(足利氏女)と、足利義明の孫にあたる国朝を結婚させて、足利氏を再興させた。

しかし、古河公方の跡取り娘と小弓公方を創始した離反者の孫という対立公方家間の政略結婚であったため、双方の家臣は自分たちが真の足利氏後継と考えていた。そのため、国朝は秀吉から下野国喜連川の地に400貫の所領を与えられたが、氏姫たちは自領の館で暮らし、のちの喜連川藩立藩の際にも喜連川には足を踏み入れなかったという。

文禄2年(1593年)、文禄の役に従軍して肥前国名護屋に赴く途上の安芸国で、病のために死去した。

後に足利氏姫は国朝の弟である頼氏と再婚し、一子・義親を産んだ。

脚注[編集]

  1. ^ 「国」は足利氏の創始者源義国などが、「朝」は源頼朝などが用いた。