足利成綱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
足利成綱
時代 平安時代後期
生誕 不明
死没 不明
氏族 藤姓足利氏
父母 父:足利成行
兄弟 成綱、家綱、園田成実、大胡重俊
源義国側室?
養子:家綱

足利 成綱(あしかが なりつな)は、平安時代後期の武士藤姓足利氏2代当主。

略歴[編集]

藤姓足利氏の祖で、鎮守府将軍藤原秀郷の流れを汲む足利成行の嫡子として誕生。

成綱の事蹟は『吾妻鏡』にも、詳しくは記されていない。ただ、父・成行が亡くなると、一族から養子・家綱を迎えてその後を継いだと記載されているため、父より先立って早世したと思われる。

なお、彼の娘は河内源氏源義国の側室となり、新田義重上野源氏祖)を産んだという。その娘も父同様に若くして没し、義国の正室とされる(諸説あり)藤原式家藤原敦基の娘の養子として養育されたという。