足利末男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

足利末男(あしかが すえお、1918年1月25日-2012年2月18日[1])は、日本の社会統計学者。京都大学福山大学名誉教授。

略歴[編集]

京都府出身。京都大学経済学部卒、同大学院修了、1968年「社会統計学史 ドイツ社会統計学形成過程の研究」で経済学博士。京都大学教養部助教授、教授を務め、81年定年退官、名誉教授、福山大学教授となり、88年名誉教授[2]

著書[編集]

  • 『統計学概説』三和書房 1955年
  • 『統計うそ・まこと 社会統計入門』三一新書 1960年
  • 『社会統計学』ミネルヴァ書房(現代経済学全書)1963年
  • 『統計 作り方・見方』三一新書 1964年
  • 『社会統計学史』三一書房 1966年
  • 『数字は生きている』三一新書 1967年
  • 『統計学と社会』ミネルヴァ書房 (社会科学選書) 1968年
  • 『労働統計の基礎』日本労働協会(テキスト双書) 1968年
  • 『社会統計学入門』三一書房 1969年
  • 『生活のなかの統計』中公新書 1973年
  • 『社会統計学の基礎』晃洋書房 1982年
共著
  • 『日本鉄鋼業の生産構造 製鉄業参考資料の統計的分析』大橋隆憲共著 有斐閣 京都大学経済調査所 1952年

翻訳[編集]

  • パウル・フラスケンパー『一般統計学 統計学綱要 第1部』大橋隆憲共訳 農林統計協会 1953年
  • V.ヨーン『統計学史 第1部』有斐閣 1956年
  • 『現代社会統計学』編訳 三一書房 1967年
  • アルトゥール・ローゼンベルグ『近代政治史 民主主義と社会主義』みすず書房 1968年
  • F.メーリング『ドイツ社会民主主義史』平井俊彦、林功三・野村修共訳 ミネルヴァ書房 1968-69年
  • アルトゥール・ローゼンベルク『ヴァイマル共和国成立史 1871-1918』みすず書房 1969年
  • H.バーダー, S.フレーリヒ『経済数学入門』高橋正立,溝川喜一共訳 現代数学社 数学リーブル 1973年

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 死去ネット
  2. ^ 『現代日本人名録』1987、2002