足立文太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
足立文太郎
Buntaro Adachi.jpg
生誕 1865年8月1日
日本の旗 日本静岡県伊豆
死没 (1945-04-01) 1945年4月1日(79歳没)
日本の旗 日本京都府
国籍 日本の旗 日本
研究分野 解剖学人類学
研究機関 京都帝国大学
出身校 東京帝国大学医科大学
主な業績 日本人脈管の研究
主な受賞歴 帝国学士院恩賜賞1930年
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

足立 文太郎(あだち ぶんたろう、慶応元年6月15日1865年8月1日) - 1945年昭和20年)4月1日)は、日本解剖学者、人類学者。専門は軟部人類学。日本人と欧米人の解剖学的差異を解明した[1][2]

経歴[編集]

静岡県伊豆出身。1894年東京帝国大学医科大学卒業後、1899年からドイツストラスブルク大学に留学[3]、帰国後第三高等学校教授を経て京都帝国大学医学部教授となり[3]解剖学を担当[4]の異常の統計学的研究のほか、諸民族の体臭耳垢についての遺伝学的・組織学的研究などが知られ、「身体的特徴において人種的優劣はない」と唱えた[3]1925年定年退職後、大阪高等医学専門学校(現:大阪医科大学)の初代校長を務めた[3]1930年帝国学士院恩賜賞を受賞。女婿に作家の井上靖がいる。

栄典[編集]

史跡[編集]

足立の母校である湯ケ島小学校には、足立自筆の「懸命不動」の文字を刻んだ顕彰碑がある[6]。撰文は井上靖が筆を取った[6]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 足立 文太郎とは - コトバンク
  2. ^ 足立文太郎とは - コトバンク
  3. ^ a b c d 本宮かをる,オルリー・レジス「足立文太郎のひとと業績について」『日本医史学雑誌』第2巻第45号、日本医史学会、1999年4月、 270-271頁。
  4. ^ 講座の沿革|生体構造医学講座 機能微細形態学”. anat.cell.med.kyoto-u.ac.jp. 2020年10月26日閲覧。
  5. ^ 『官報』第7640号「叙任及辞令」1908年12月12日。
  6. ^ a b 足立文太郎顕彰碑(湯ヶ島小学校内)|カテゴリーから探す|ふじのくに文化資源データベース”. www.fujinokunibunkashigen.net. 2020年10月26日閲覧。