足羽山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
足羽山
Mt.asuwa.jpg
八幡山から見た足羽山
標高 116.5 m
所在地 日本の旗 日本 福井県福井市
位置 北緯36度3分5秒 東経136度12分2秒 / 北緯36.05139度 東経136.20056度 / 36.05139; 136.20056座標: 北緯36度3分5秒 東経136度12分2秒 / 北緯36.05139度 東経136.20056度 / 36.05139; 136.20056
足羽山の位置(福井県内)
足羽山
足羽山
足羽山 (福井県)
足羽山の位置(日本内)
足羽山
足羽山
足羽山 (日本)
足羽山の位置
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

足羽山(あすわやま)は、福井県福井市にあるである。

概要[編集]

福井平野の中心にある独立した小山で、多数の古墳群がある。足羽川の南岸、福井市中心市街地から見て南西の郊外にあり、アクセスが容易な緑地として市民の憩いの場となっている。散策や夜景を楽しむ人も多い。

山上は足羽山公園[1]として整備され、の名所となっている。足羽川・足羽山公園として日本さくら名所100選に指定されている。桜のほかアジサイも有名で、福井市はクラウドファンディングによる寄付で植栽を拡大している[2]

また「ふくい歴史百景」[3]にも選定されている。1583年豊臣秀吉北ノ庄城柴田勝家)攻めの際、秀吉は足羽山上、天魔が池付近に陣取ったと伝えられている[4]

足羽山と呼ばれるようになったのは、明治期以降のことで、江戸時代は、木田山、愛宕山と呼ばれた[5]。福井藩の触書[6]から、すでに18世紀前半には大勢の遊山客で賑わっていたことがわかる。さらに19世紀に入ると北東側から登山道である愛宕坂には、楊弓屋や田楽屋がたち並んでいたという[7]

ミニ動物園[8] 、フィールドアスレチック、継体天皇像、通年営業の数軒の茶店などもある。また、福井県内をエリアとする放送局の送信所も置かれている。1953年に足羽山公園に開館した福井市立郷土歴史博物館は、2004年3月に市中心部の宝永3丁目へ移転した。

足羽山の西側部分にはかつて火葬場があったが、1999年に同市安田町に新火葬場(福井市聖苑)が完成したため解体され、旧火葬場の周辺は市営墓地となった。

墓地周辺には石切場があり、青みがかった火山礫凝灰岩笏谷石(しゃくだにいし)」が産出した。2005年8月、市営墓地の一部が深さ30m程も陥没、崩壊する事故があり、笏谷石の採石場の跡が地下に広く分布し、これがおりからの大雨によって陥没したものと見られている。[要出典]

山頂及び山麓の施設など[編集]

放送施設[編集]

地上デジタルテレビ放送送信設備[編集]

リモコンキーID 放送局名 コールサイン チャンネル 空中線電力 ERP 放送対象地域 放送区域内世帯数
1 NHK
福井総合
JOFG-DTV 19 1kW 8.3kW 福井県 約16万2000世帯
2 NHK
福井教育
JOFC-DTV 21 8.1kW 全国
7 FBC
福井放送
JOPR-DTV 20 8.3kW 福井県
8 FTB
福井テレビ
ジョン放送
JOFI-DTV 22 9.4kW
  • FBCはデジタルテレビに限りNHK福井放送局の既存施設を共用し、福井テレビは既存のアナログ施設を活用。全局2006年5月1日放送開始。

なお、福井テレビはフジテレビ系がメインのため、これに合わせて「8」を選択した(隣接府県で在福井局とリモコンキーIDが重なる放送局は、「1」のNHK総合テレビジョン東海テレビ放送フジテレビ系列)、「2」のNHK教育テレビジョン(全国共通)「8」の関西テレビ放送石川テレビ放送(ともにフジテレビ系列)と岐阜放送(ぎふチャン。独立局)のみ)。

地上アナログテレビ放送送信設備(廃止)[編集]

FBC福井放送・FM補完中継局(旧アナログテレビ送信所)電波塔

2011年7月24日をもって全ての局が廃止されている。

放送局名 コールサイン チャンネル 空中線電力 ERP 放送対象地域 放送区域内世帯数
NHK
福井教育
JOFC-TV 3ch 映像3kW/音声750W 映像17kW/音声4.2kW 全国 約15万3000世帯
NHK
福井総合
JOFG-TV 9ch 映像16kW/音声4kW 福井県
FBC
福井放送
JOPR-TV 11ch 映像18kW/音声4.5kW 約15万世帯
FTB
福井テレビ
ジョン放送
JOFI-TV 39ch 映像10kW/音声2.5kW 映像105kW/音声27kW -
  • アナログテレビは各事業者単独で設置していた。
    • NHK 教育は送信アンテナをNHK-FMと共有し、また電波塔(送信所建物隣接地)をNHK総合・教育・FBCと共有している。
    • NHK総合の電波塔(送信所建物屋上)は他放送とは独立した状態となっているが、かつてはNHK教育・FMと共有していた。当時の先端部はNHK放送博物館東京都港区)に展示されている。
    • FBCは電波塔をアナログ送信所建物に隣接する高台に設置。
    • 福井テレビは送信アンテナを同局のデジタルテレビと共有し、電波塔(送信所建物屋上)にはFM福井の送信アンテナを併設している。

FMラジオ放送送信設備[編集]

周波数(MHz) 放送局名 コールサイン等 空中線電力 実効輻射電力 放送対象地域 放送区域内世帯数
76.1 FM福井
福井エフエム放送
JOLU-FM[10] 1kW[10][11][12] 4.4kW[10] 福井県 -
83.4 NHK
福井FM
JOFG-FM[13][11] 5kW[13][11]
94.6 FBC
福井放送
(FBCあすわFM) 4.1kW[12] 18万2000世帯
(申請による)[12]
77.3 福井街角放送 JOZZ5AI-FM[14] 20W[14] 46W[14] - -
  • NHK-FMは1965年2月5日に実用化試験局(モノラル)ならび実験局(ステレオ)として運用開始になり、1969年3月1日に本放送を開始した[13]
  • 福井街角放送はコミュニティFM局。送信所は市自然史博物館屋上で、エリアは福井市鯖江市坂井市の大部分、吉田郡永平寺町の一部[要出典]
  • 福井放送はFM補完中継局として、旧アナログテレビ送信所の施設を利用[要出典]。2016年12月22日予備免許交付。2017年2月1日より試験電波発射。2017年4月1日放送開始[15][12][16]

マルチメディア放送送信設備[編集]

周波数 放送局名 空中線
電力
ERP 放送区域 放送区域
内世帯数
開局日 サービス終了日
214.714286MHz
(VHF11chに
相当する周波数帯)
Jモバ
福井MMH
7.5kW 41kW 福井県あわら市、坂井市の全域、
並びに福井県福井市、勝山市、鯖江市、
越前市、吉田郡永平寺町、南条郡南越前町、
丹生郡越前町及び石川県加賀市の各一部
約19万世帯 2013年
9月30日[17][18]
2016年
6月30日[19][20]

アクセス[編集]

愛宕坂側(階段)
百坂側(階段)
孝顕寺坂側(車両は登り一方通行
不動山口・藤島神社口側(車両は、藤島神社からは足羽山臨時交番まで登り一方通行となる)
南側(車両は下り一方通行)
  • 京福バス「おさごえ民家園」バス停留所下車
みどり図書館・西部緑道側(車両は通行不可)
  • 京福バス「門前北」・「みどり図書館前」バス停留所下車
笏谷神社口側
  • コミュニティバスすまいる西ルート(照手・足羽方面)「足羽5丁目」バス停留所下車
  • 京福バス「明里三差路」バス停留所下車
運正寺坂側(車両は下り一方通行)
  • コミュニティバスすまいる西ルート(照手・足羽方面)「足羽1丁目」バス停留所下車

脚注[編集]

  1. ^ 足羽山公園の歴史
  2. ^ クラウドファンディングによる足羽山公園アジサイ植栽が完了しました!(平成29年度分)福井市(2018年5月13日閲覧)
  3. ^ 足羽山[リンク切れ] - ふくい歴史百景[リンク切れ] - 福井県
  4. ^ “柴田勝家討伐、本陣は天魔池に 豊臣秀吉の生涯「太閤記」より”. 北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ(福井新聞). (2016年3月7日). https://www.hokurikushinkansen-navi.jp/pc/news/article.php?id=NEWS0000006277 2020年4月26日閲覧。 
  5. ^ 『日本歴史地名体系 第18巻』(福井県の地名)、1981年、p.264
  6. ^ 『福井市史』通史編では、1722年(享保7)7月の触書「愛宕山遊山夥敷有之候由ニ付御〆り之事」を紹介している。この触書では、愛宕山に大勢の遊山客が訪れ、口論や酔狂にかかわる事件が危惧されたため、町人どもは遊山を慎むよう命じていた。福井市編『福井市史 通史編2』、2008年、pp. - 。典拠となっている資料は「諸事御用留抜書下書」松平文庫(福井県立図書館保管)。
  7. ^ 「足羽参記」『越前国名蹟考』松見文庫、1980年、pp.316-317
  8. ^ 足羽山公園遊園地の施設案内
  9. ^ 福井市自然史博物館HP
  10. ^ a b c 無線局免許状等情報(福井エフエム放送(総務省)
  11. ^ a b c 無線局免許状等情報(NHK-FM(総務省)
  12. ^ a b c d 総務省|北陸総合通信局|福井放送のFM補完中継局に予備免許
  13. ^ a b c NHK年鑑2016(NHK放送文化研究所) (PDF)
  14. ^ a b c 無線局免許状等情報(福井街角放送(総務省)
  15. ^ FBCラジオの「ワイドFM」4月スタート予定~きょうから試験電波(FBCニュース)[リンク切れ]
  16. ^ 総務省|北陸総合通信局|福井放送のラジオの難聴を大幅改善
  17. ^ マルチメディア放送の福井中継局に予備免許 - 総務省北陸総合通信局・2013年5月20日プレスリリース
  18. ^ モバキャスサービスの提供状況[リンク切れ] - ジャパンモバイルキャスティング
  19. ^ 「テレビと呼ぶには、面白すぎる」NOTTV、4年超でサービス終了 IT Media 2016年6月30日 2020年5月24日閲覧
  20. ^ 放送大学学園の使用していた周波数及びV-High帯域の現状”. 総務省 (2018年11月19日). 2020年5月24日閲覧。

関連項目[編集]