踊る一寸法師

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

踊る一寸法師』(おどるいっすんぼうし)は、江戸川乱歩の著した短編小説。大正15年(1926年)1月、『新青年』に掲載された。エドガー・アラン・ポーの『ちんば蛙』に多大な影響を受けた作である。

あらすじ[編集]

あるサーカス団には、緑さんと呼ばれる一寸法師がいた。彼はいつもみんなからいじめられていた。

ある時、緑さんをいつもいじめている紫繻子の男が、緑さんに隠し芸を見せるようにと提案した。緑さんは美人獄門の魔術、と呼ばれる奇術をすることになった。箱の中に女性を入れ、その箱に外から剣を突き刺す、という奇術であった。奇術の被験者に、美しい玉乗りのお花が選ばれた。

一寸法師は奇術の仕上げとしてお花の首を切り取り、成功裏に終わったかに見えた。ところが、終わった後暫く経ってもお花の姿が見えない。その時、サーカスのテント内に煙が充満したので、記述者である「わたし」はテントの外に出る。そして、「わたし」は、テントの上で、一寸法師が手に何かが滴り落ちている物体を持って踊っているのを見たのだった…。

出版[編集]