軍警察 (ブラジル)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
軍警察の記章

軍警察 (ポルトガル語: Polícia Militar, IPA: [puˈlisjɐ miliˈtaʁ]、通称 PM, [peˈẽmi]) は、ブラジルの警察組織の一つである[1]Polícia Civil(文民警察[1]、もしくは市民警察[2]、民警[3])と共に州ごとの警察組織として機能し、州知事の指揮命令に従う[1]。Polícia Civilは犯罪捜査、被疑者逮捕を担当し、軍警察は公共秩序維持を担当している[1]。有事には予備部隊、補助兵力として陸軍に編入される[1]。軍警とも呼ばれる[4][5]。jicaでは州警察と訳している[6]

軍内部の綱紀維持や犯罪捜査に携わる権限は持っておらず、これら狭義の憲兵隊の機能は陸軍Polícia do Exército海軍Companhia de Polícia do Batalhão Naval空軍Polícia da Aeronáuticaがそれぞれ担っている。

ポルトガル植民地時代の1791年に原型が設立されたのを起源とし、約450,000人もの人員を有している[7]

組織[編集]

Mapa do Brasil por regiões.PNG
パラナ州軍警察(PMPR)の騎馬警官

各軍警察は、機動隊や騎馬警官隊、リオデジャネイロ州軍警察のBOPE(特殊警察作戦大隊)のような特殊部隊を有する。

装備[編集]

催涙弾や自動小銃だけでなく、ヘリコプター装甲車も保有している。

制服は州ごとに異なる色のものを採用しているが、多くの州軍警察はカーキ色の物を採用している(カーキの軍服は1903年にブラジル陸軍が採用し、1934年に予備役が使用されたものである)。しかし、リオデジャネイロ州軍警察などは青色かグレーブルー。サンパウロ州軍警察やマットグロッソ州軍警察は灰色。パラー州軍警察は緑色の制服を採用している。

批判[編集]

国際人権団体アムネスティ・インターナショナルは、リオデジャネイロ州軍警察が5年間で1500人以上を殺害したとして批判している。これらに関して、警察広報担当は、アムネスティの主張は「偏見に満ちている」と反論している[8]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e ブラジル日本商工会議所 編『【新版】現代ブラジル事典』新評論、2016年、54頁
  2. ^ ブラジル日本商工会議所 編『【新版】現代ブラジル事典』新評論、2016年、142頁
  3. ^ 政治家告発の民警捜査員の死 連邦警察が捜査に参加へ=ミナス州サンパウロ新聞、2018年7月13日閲覧。
  4. ^ 世界の狙撃銃時事通信、2018年7月13日閲覧。
  5. ^ 《ブラジル》モジ軍警=〃異例〃の司令官引継式=兄から弟に紡ぐ思いニッケイ新聞、2018年7月13日閲覧。
  6. ^ 【国際協力60周年】ブラジルの治安を守るKOBANの挑戦jica、2018年7月13日閲覧。
  7. ^ Inspectorate General of Military Police (In Portuguese)
  8. ^ ブラジル・リオ警察、5年間に1500人を殺害 アムネスティ報告

関連項目[編集]