軍閥

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

軍閥(ぐんばつ)とは、「軍隊派閥」、「軍人の派閥」、「軍事力を背景とする派閥」、或いは、その複数を組み合わせたもののことであり、具体的には、近代国民国家成立以降の、以下の種類が挙げられる。

  1. 文民文官を中心とする政治勢力(派閥)に対抗する、軍人を中心とする政治勢力(派閥)のこと。
  2. 1つの軍隊の中における、相争う複数の勢力(派閥)のこと。
    1. 旧・日本軍における、この第1・第2の意味での「軍閥」については、大日本帝国陸軍#軍閥・軍国主義思想を、その源流となった軍内における藩閥については、藩閥#陸海軍における藩閥を、それぞれ参照のこと。
    2. この第1・第2の意味の場合の日本軍における「軍閥」のことを、英語・スペイン語・フランス語いずれでも日本語をそのままラテン文字で「Gunbatsuen:Gunbatsues:Gunbatsufr:Gunbatsuと表記し、それをそれぞれの言語で表す際には、「軍隊の派閥Faction」を意味する「Military Factions」・「Facciones Militares」・「Factions militaires」と直訳している。
  3. 国内の各地方に割拠し、ある程度の地域を実効支配する、複数の勢力(派閥)のこと。
    1. この第3の意味の場合の「軍閥」のことを英語で「military cliques」と、その指導者指揮官のことを英語で「ウォーロード(warlord)」と呼び、特に中華民国の成立後1916年~1928年に内戦状態が継続した時代のことを英語で「ウォーロード・エラ(The Warlord Era)」、日本語で「軍閥時代」と呼ぶ。

いずれも、政治状況によっては、政権の不安定化や軍事クーデターの温床となり得、また、現代では、武装勢力の一種とみなされることも多い。

第1・第2の意味の「軍閥」の一覧[編集]

第3の意味の「軍閥」の一覧[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 森久男. “『日本陸軍と内蒙工作』について”. 愛知大学. 2020年6月13日閲覧。

関連項目[編集]