転移性皮膚癌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

転移性皮膚癌(てんいせいひふがん)とは、皮膚以外に原発した悪性腫瘍が血行性・リンパ行性により皮膚に転移したものをいう。

目次

頻度

  • 皮膚癌の半分を占めるため頻度としては多い。
  • 原発巣で頻度が多いのが、乳癌肺癌胃癌である。小児では神経芽細胞腫が多い。
  • 転移を生じるのは原発巣の末期が多い。肺癌・腎癌・卵巣癌では先に皮膚転移が見つかることもしばしばみられる。

分類

  • 皮下結節型 肺癌・胃癌などで血行性転移した場合にできる。病理検査では、原発巣と異なる索状配列構造に腫瘍細胞が変化することがある。
  • 鎧状癌 丘疹結節が融合して板状硬結をきたす。乳癌に多い。
  • 丹毒様癌 丹毒の症状に似て、境界不明瞭の発赤・腫脹・疼痛の出現がみられる。リンパ行性転移でみられ、乳癌が多い。病理検査では真皮に腫瘍細胞が散在する。
  • 表皮行性癌 悪性腫瘍が表皮内に浸潤・増殖したもの。これをpaget現象ともいう。乳癌・膀胱癌に多い。

 

検査

  • 病理検査 必要に応じて免疫組織化学的検査。

治療

抗癌剤など、原発巣の治療が基本である。抗癌剤等を使用しないのであれば、皮膚転移部の腫瘍切除術を行うこともある。電子線を照射することもある。

関連項目

今日は何の日(12月14日

もっと見る

「転移性皮膚癌」のQ&A