転移温度

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

転移温度 (てんいおんど、Transition temperature) は相転移を起こす温度のこと。転移温度をTcと書くこともあるが、異なる場合もある(例:反強磁性におけるネール温度をTNと書いたりする)。

超伝導において、常伝導から超伝導、超伝導から常伝導に相転移する温度のことを超伝導転移温度、あるいは転移温度という。または、臨界温度ともいう。記号はどちらもTc(critical temperature)を使う。

このTcは、BCS理論の中でも最も有名な次の理論式、デバイ温度ΘD、状態密度N(0)、相互作用強さVで表される。

Tc=1.13 ΘD*exp(-1/N(0)V)

関連項目


過去1時間の間にもっとも読まれた記事
川上麻衣子 宮崎あおい 中村獅童 (2代目) 中田敦彦 坂下麻衣 アメリカ合衆国国防長官 佳那晃子 新庄剛志 田中信夫 穂積由香里 松坂慶子 京唄子 小室みつ子 穂積隆信 安東弘樹 ムロツヨシ 志村けん 陸軍省 (イギリス) 安藤サクラ 武尊
「転移温度」のQ&A
1  ガラス転移温度≠荷重たわみ温度
2  ガラス転移温度について
3  ガラス転移温度の決定について
モバイル版goo wikipedia提供中!
↓↓↓下記QRコードからアクセス↓↓↓
モバイル版goo wikipedia QRコード
Wikipedia記事検索について