軽便探信儀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

軽便探信儀(けいべんたんしんぎ)は、大日本帝国海軍が開発した艦艇搭載用の水中探信儀(アクティブ・ソナー)。

概要[編集]

太平洋戦争中、日本海軍はアメリカ海軍潜水艦による通商破壊に対抗するため、1943年昭和18年)頃から対潜哨戒用の特設艦艇や木造駆潜艇を多数建造したが、それまで使用されていた九三式水中探信儀の生産能力はこれら艦艇の建造ペースに追従できず、また昇降装置が複雑で入渠期間が長く、重量も大きかったことから工事に掛かる手間も大きかった。これを受け、より簡便で装備も容易な探信儀が求められ、「仮称・機雷探知機」を出発点に、イギリスのASDICの指示方式と装備法を模倣して、機雷を対象とする代わりに潜水艦用として使用するための所要の改造を施したものが軽便探信儀として採用された[1][2][3]

同機は、固有周波数14.5kHzの角型磁歪式送受波器を採用した探信・聴音兼用装置で、真空管式に代わる蓄電器放電による減衰発振式の発振器を用い、また表示装置は記録器のみ、操縦装置は昇降旋回ともに手動による極めて簡便な物だった。このため製造・装備ともに容易で、1943年(昭和18年)末から1944年(昭和19年)にかけて小規模な造船所で徴用漁船を改装した特設艦艇・木造駆潜艇などの小舟艇を対象に多数装備された[1][4]

機能や構造が若干異なる数種の派生型が存在し、最初に開発された物を「一型」、これの記録範囲を0〜1,000m、0〜2,500mに変更した物を「一型改ー」、記録器を一型および同改一の回転式から直線式に変更した物を「二型」(24V用)、「三型」(100V用)と呼称した[4]

軽便探信儀主要目}[5]
一型 二型 三型
装備艦種 小舟艇
周波数(kc) 14.5
探知能力(m) 8ktで800
測距精度(m) ±50
指向性(度) 18
方向精度(度) ±4
音波型式 減衰波
発振器 蓄電器放電式
受信機 ヘテロダイン式
指示方式 記録式
送波器 磁歪式(AF合金)
操縦装置 昇降 手動式
旋回
整流覆
電源 発振用 M-G
受信用
操縦用
総重量(kg) 約500

探知性能[編集]

潜航潜水艦を目標とした場合の標準値(型式不明)[6]
探知速力 最大探知距離 確実探知距離 最小探知距離
0kt 1,500m 1,000m 100m
4kt 1,300m 800m
8kt 700m 500m

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

  • 『海軍電気技術史 第6部』名和武ほか、技術研究本部、1969年10月。
  • 『海軍水雷史』海軍水雷史刊行会、海軍水雷史刊行会、1979年3月。
  • 『仮称軽便探信儀器機説明書(除 操縦装置)』海軍艦政本部