軽空母

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
軽空母・正規空母・強襲揚陸艦の比較。
手前から軽空母「プリンシペ・デ・アストゥリアス」, 強襲揚陸艦「ワスプ」, 正規空母「フォレスタル」, 軽空母「インヴィンシブル

軽空母(けいくうぼ、英語: light aircraft carrier, CVL)は、正規空母と比べて小型の航空母艦。当初は、正規空母の補助兵力として、これと同様のCTOL機を搭載・運用する艦がこのように称されていたが[注 1]、後にヘリ空母のなかでV/STOL機も搭載する艦を指すようになった[2]

CTOL機搭載艦[編集]

大戦期[編集]

龍驤」(大日本帝国海軍)

大日本帝国海軍は、ワシントン海軍軍縮条約での空母保有制限を回避できる小型の航空母艦として、昭和2年度計画で「龍驤」を建造したものの、ロンドン海軍軍縮条約によってこちらも制限対象となったために設計変更を余儀なくされ、1935年第四艦隊事件の影響もあって、続く「蒼龍」は純然たる中型空母となった[3]。またロンドン海軍軍縮条約による空母保有トン数の厳しい制限への対応策として、その制限の枠外となる補助艦艇の一部について、あらかじめ空母に転用可能なように準備しておくことを構想した。これによって後に空母として改造されたのが「瑞鳳」「祥鳳」「龍鳳」「千歳」「千代田」「伊吹」であった。これらの艦は改造空母のなかでも正規空母に準じる性能を備えていたことから、ミッドウェー海戦で壊滅した艦隊航空兵力を補充する軽空母として、機動部隊の再建に大きく寄与した[4]

またイギリス海軍も、第二次世界大戦の開戦とともに空母の急速建造が急務となったことから、従来の艦隊空母と比べて排水量・速力を妥協し、甲鉄防御は全廃して、構造も商船類似の方式とした軽艦隊空母(light fleet aircraft carriers)の建造に移行し、まずコロッサス級10隻が建造された。その後、改良型のマジェスティック級セントー級も建造されたものの、これらはいずれも終戦までには完成しなかった[5]

一方、アメリカ海軍1938年より軽空母の検討に着手したものの、航空運用機能に優れた正規空母を重視していたこともあって、いずれも実現しなかった。しかし太平洋戦争の開戦を控えて、エセックス級航空母艦の整備計画の進捗に不安を抱いたフランクリン・ルーズベルト大統領の意向を受けて、1942年1月になって軽空母の建造が決定された[1]。これは巡洋艦の設計を発展させることで、護衛空母と同程度の航空運用機能を備えつつ、機動部隊の構成艦たりうる速力・機動力を確保するものであり、まずインディペンデンス級として就役した[1]

同級は様々な不満はあったものの、戦時中には高速機動部隊の補助兵力として活用された。またその後、1944年度でもサイパン級が建造されたものの、2隻が建造されるにとどまった[1]。これらの艦は、当初は他の艦隊空母と同様にCVの船体分類記号が付与されていたが、1943年7月15日、正規空母から区分されて軽空母(small aircraft carrier)と類別され[6]CVLの船体分類記号が付与された[7]

冷戦期[編集]

マジェスティック級「メルボルン

1940年代後半、冷戦構造の成立とともに、西側諸国は、ソ連海軍潜水艦戦力への対抗を迫られた。ヨーロッパで東西の武力衝突が発生した際、アメリカ本土から速やかに増援・補給が行われることが期待されていたが、これに対し、ソ連海軍はドイツ海軍Uボートの技術をもとにした高性能潜水艦の整備を進めており、後方連絡線を巡って再び大西洋の戦いが発生することが予測された[8]。また大西洋の中央部には、地上基地からの対潜哨戒機が到達できない間隙が発生することから、船団護衛だけでなく、この海域をカバーすることも求められた[9]

この状況に対応して対潜戦能力の強化が図られることになり、護衛空母だけでなく軽空母も対潜戦任務に投入されるようになった。まず1949年に「ライト」が対潜戦任務に充当されたのち、朝鮮戦争直後に「カボット」「バターン」が対潜戦に対応して改修されており、これらの艦はCVLKとも称された[8]

しかしAFガーディアンS2Fトラッカーのような、新世代の艦上哨戒機の能力を十全に発揮するには、軽空母でも性能不足だと考えられるようになった。1952年からは、更に大型のエセックス級などが対潜空母(CVS)に類別変更されていったこともあり、CVLKの運用が拡大されることはなく[8]、CVL自体の運用も1959年までに終了している[6]。ただしCVLKとして改修された2隻のうち、「カボット」は1967年よりスペイン海軍に貸与されて(後に購入)「デダロ」として再就役し、ヘリ空母として運用された[10][注 2]

イギリス海軍は、大戦期に建造した軽空母のうち、まずコロッサス級2隻、続いてセントー級3隻をコマンドー母艦水陸両用作戦用のヘリ空母)に転用したほか[11]、セントー級のうち「ハーミーズ」は後に対潜空母に再改装された[12]。一方、マジェスティック級はイギリス本国ではほとんど運用されず、コロッサス級とともに海外に売却され[13]カナダオーストラリアインドなどのイギリス連邦諸国やオランダブラジルアルゼンチンにおいて順次に再就役した。これらの艦は、蒸気カタパルトアングルド・デッキの装備などの改装・改設計により最低限のジェット機運用能力を持っていたものの、1950年代に作られた艦上機が旧式化すると後継機が乏しく、1970年代にはほとんど実用的価値を失った[14]。アルゼンチン海軍のコロッサス級「ベインティシンコ・デ・マヨ」は、1982年フォークランド紛争の時点でも、アメリカ海軍が対潜空母(CVS)に搭載していたのと同じS-2艦上哨戒機とA-4艦上攻撃機を搭載して運用を継続しており、下記のSTOVL空母を旗艦とするイギリス海軍第79任務部隊の攻撃を試みたものの、機関の不調と凪いだ天候のために、同艦の航空艤装では爆装したA-4を発艦させることができず、断念された[15]

V/STOL機搭載艦[編集]

冷戦期[編集]

インヴィンシブル級「イラストリアス

イギリス海軍では、1966年度国防白書で艦隊空母の廃止が決定されたのを受けて[10]、艦隊空母を補完するヘリ空母として開発されていた護衛巡洋艦の機能充実を図ることになった。これは最終的に、垂直/短距離離着陸機であるシーハリアー艦上戦闘機の運用に対応したインヴィンシブル級(CVS)として結実し、対潜空母として運用されていた「ハーミーズ」も同機の運用に対応してスキージャンプ勾配の設置などの改修を受けた[12]。これらは1982年フォークランド紛争で実戦投入され、高い評価を受けた[15]

上記のように、CTOL機の大型化・大重量化に伴って、大戦世代の軽空母での運用が困難になっていたこともあり、ハリアーには注目が集まった。1973年、スペイン海軍は、アメリカ海兵隊仕様のハリアー(AV-8A)をもとにしたAV-8S攻撃機の取得を決定し、ヘリ空母として運用していた「デダロ」に搭載して運用した[16]。また1979年には、インド海軍も、イギリスから購入したマジェスティック級軽空母「ヴィクラント」の搭載機として、シーハリアーFRS.51艦上戦闘機の導入を決定した[16]

アメリカ海軍も1万トン級の制海艦(SCS)を計画し、これ自体は実現しなかったものの、スペイン海軍では、老朽化した「デダロ」の後継艦としてその準同型艦1隻を建造し、1988年に「プリンシペ・デ・アストゥリアス」として就役させた[17]。更にタイ王国海軍向けとして、これを小型化した「チャクリ・ナルエベト」も建造された[18]。またこのほか、イタリア海軍がヘリコプター巡洋艦の後継として建造した「ジュゼッペ・ガリバルディ」も、STOVL方式を想定して設計されたこともあって後にAV-8B攻撃機の搭載が実現し、1994年より引き渡しを受けて搭載した[19]

一方、ソ連海軍では、政治的な理由から空母の保有がなかなか実現せず、まずは水上戦闘艦に艦載ヘリコプターを搭載して運用していたが、その経験から、各艦に分散配備するよりは複数機を集中配備したほうが効率的であると判断され、ヘリ空母の保有が志向されることになった。まずヘリコプター巡洋艦として1123型対潜巡洋艦(モスクワ級)が建造され、1967年より就役したのち[20]1975年からは、Yak-38艦上攻撃機の運用に対応して全通飛行甲板を備えた1143型航空巡洋艦(キエフ級)が就役を開始した[21]

冷戦後[編集]

ワスプ級強襲揚陸艦「エセックス」艦上に展開したF-35B

STOVL空母を運用していた海軍のうち、ソ連海軍(ロシア海軍)とインド海軍は、STOBAR方式によってCTOL機の運用に対応した空母の保有へと踏み出していった[22][21][注 3]。イギリス海軍も、インヴィンシブル級の後継となるCVF計画艦ではCATOBAR方式を検討したものの、結局は満載排水量6万トン以上という巨艦ながらSTOVL方式として建造され[注 4]クイーン・エリザベス級として2017年より就役した[23]

上記の通り、アメリカ海軍のSCS計画そのものは実現しなかったものの、もともとイオー・ジマ級強襲揚陸艦「グアム」を実験台にして評価試験が行われていたこともあり、強襲揚陸艦をSCSとして運用することが検討されるようになった。1991年湾岸戦争では、タラワ級強襲揚陸艦ナッソー」にAV-8B攻撃機20機を搭載して「ハリアー空母」としての作戦行動が実施されており、砂漠の嵐作戦の最終週には、1日あたり60ソーティもの出撃が実施された[24]。また議会もSCS構想にまだ未練があり、ワスプ級強襲揚陸艦では制海艦任務にも対応できるように設計が改訂された[25]2003年イラク戦争では、「バターン」「ボノム・リシャール」がそれぞれ22機および24機のAV-8Bを搭載してハリアー空母として活動し、その有用性を認めさせたと評されている[24][26]。また後継のアメリカ級強襲揚陸艦では更に航空運用機能の強化が図られており、新しいF-35B戦闘機を20機搭載しての「ライトニング空母」(CV-L)としての運用も検討されている[27]

スペイン海軍も、「プリンシペ・デ・アストゥリアス」の後継艦としては、純粋な軽空母ではなく、強襲揚陸艦としても活動できる「フアン・カルロス1世」を建造した。一方、イタリア海軍は、軽空母としての活動を主眼としつつヘリコプター揚陸艦としても活動できる「カヴール」を建造した[23]

また海上自衛隊でも、ヘリコプター搭載護衛艦 (DDH)として建造したいずも型をSTOVL運用に対応できるように改装し、F-35Bを搭載・運用することが決定された[23]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ アメリカ海軍では、航空艤装は護衛空母と同程度ながら、機動部隊に加われる機動力を備えたものとしていた[1]
  2. ^ このほか、国産空母の計画が遅延していたフランス海軍も、1950年代前半にインディペンデンス級軽空母2隻の移管を受け、「ボア・ベロー」「ラファイエット」として再就役させて、クレマンソー級航空母艦が竣工するまで運用していた[10]
  3. ^ まずソ連海軍が「アドミラル・クズネツォフ」を就役させ[22]、インド海軍もソ連海軍の「バクー」をSTOBAR方式に対応して改装し、「ヴィクラント」の後継たる「ヴィクラマーディティヤ」として就役させた[21]
  4. ^ クイーン・エリザベス級では、厳密には垂直ではなく斜めに着艦するSRVL(Shipborne Rolling Vertial Landing)方式が導入されている[23]

出典[編集]

  1. ^ a b c d 大塚 2014.
  2. ^ 海人社 1992.
  3. ^ 中川 1994, 第1部:正規空母.
  4. ^ 中川 1994, 第2部:改造空母.
  5. ^ 福井 2008.
  6. ^ a b Naval History and Heritage Command (2017年8月1日). “US Navy Aircraft Carriers”. 2020年2月17日閲覧。
  7. ^ 中名生 2014.
  8. ^ a b c Polmar 2008, ch.7 The Cold War Navy.
  9. ^ Gardiner 1996, pp. 548-549.
  10. ^ a b c Polmar 2008, ch.12 Carrier Proliferation.
  11. ^ Polmar 2008, ch.11 New Carrier Concepts.
  12. ^ a b Polmar 2008, ch.19 New Directions.
  13. ^ Gardiner 1980, pp. 22-23.
  14. ^ 岡部 1997.
  15. ^ a b Polmar 2008, ch.20 Carrier War in the South Atlantic.
  16. ^ a b 松崎 2005.
  17. ^ Gardiner 1996, p. 432.
  18. ^ Gardiner 1996, p. 462.
  19. ^ Polmar 2008, ch.21 Lessons and Finances.
  20. ^ Polutov 2017, pp. 108-115.
  21. ^ a b c Polutov 2017, pp. 120-137.
  22. ^ a b Polutov 2017, pp. 138-143.
  23. ^ a b c d 多田 2019.
  24. ^ a b Polmar 2008, ch.25 Amphibious Assault.
  25. ^ Gardiner 1996, p. 575.
  26. ^ 大塚 2018.
  27. ^ Megan Eckstein (2019年10月23日). “Marines Test ‘Lightning Carrier’ Concept, Control 13 F-35Bs from Multiple Amphibs”. USNI news. https://news.usni.org/2019/10/23/marines-test-lightning-carrier-concept-control-13-f-35bs-from-multiple-amphibs 

参考文献[編集]

  • Gardiner, Robert (1980). Conway's All the World's Fighting Ships 1922-1946. Naval Institute Press. ISBN 978-0870219139. 
  • Gardiner, Robert (1996). Conway's All the World's Fighting Ships 1947-1995. Naval Institute Press. ISBN 978-1557501325. 
  • Polmar, Norman (2008). Aircraft Carriers: A History of Carrier Aviation and Its Influence on World Events. Volume II. Potomac Books Inc.. ISBN 978-1597973434. 
  • Polutov, Andrey V.「ソ連/ロシア空母建造史」『世界の艦船』第864号、海人社、2017年8月、 NAID 40021269184
  • 大塚, 好古「アメリカ空母の歩み」『アメリカ航空母艦史』海人社〈世界の艦船増刊〉、2014年、193-203頁。NAID 40020238934
  • 岡部, いさく「航空母艦発達史」『世界の空母ハンドブック』海人社〈世界の艦船別冊〉、1997年、34-41頁。NCID BB09185700
  • 海人社, 編纂.「現代軽空母のメカニズム (特集 空母のメカニズム)」『世界の艦船』第451号、海人社、1992年6月、 94-99頁。
  • 多田, 智彦「世界の空母事情 2019 (特集・世界の空母2019)」『世界の艦船』第907号、海人社、2019年9月、 85-91頁、 NAID 40021975614
  • 中川, 務「日本航空母艦史」『世界の艦船』第481号、海人社、1994年5月、 ASIN B007U1UYGC
  • 中名生, 正己「米空母の艦種記号」『世界の艦船』第807号、海人社、2014年11月、 204-205頁、 NAID 40020238934
  • 福井, 静夫『世界空母物語』光人社〈福井静夫著作集〉、2008年。ISBN 978-4769813934。
  • 松崎, 豊一「第一世代ハリアー、その開発と各型」『世界の傑作機 No.111 ハリアー / シーハリアー』文林堂、2005年、18-33頁。ISBN 978-4893191274。