軽部大

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

軽部 大(かるべ まさる、1969年 - )は日本経営学者。専門はイノベーション研究、経営戦略論組織論一橋大学大学院経営管理研究科教授兼一橋大学イノベーション研究センター教授。組織学会高宮賞、日経・経済図書文化賞受賞。

人物・経歴[編集]

福岡市生まれ。1993年一橋大学商学部卒業。1998年一橋大学大学院商学研究科博士後期課程修了。論文「潜在的生産用役の誘発と駆動のメカニズム:技術セット・経済的制度・競争構造」により、一橋大学博士(商学)の学位を取得。審査員は佐久間昭光後藤晃、栗原史郎[1][2][3][4]

1998年東京経済大学経営学部専任講師、2002年一橋大学イノベーション研究センター助教授。ペンシルバニア大学ウォートン・スクールフルブライト客員研究員、ブリンマー大学フルブライト客員研究員を経て、2017年一橋大学大学院商学研究科教授兼一橋大学イノベーション研究センター教授[5][6][7]

1998年、論文「日米半導体産業における制度と企業戦略」により組織学会高宮賞(論文部門)受賞。2003年、論文「日米HPC産業における2つの性能進化」により組織学会高宮賞(論文部門)受賞。2012年、『イノベーションの理由』により、第55回日経・経済図書文化賞受賞[8][9]

著書[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「一橋大学 , 博士 (商学) , 乙第199号 , 1998-03-11 」
  2. ^ 「教員」一橋大学大学院商学研究科
  3. ^ 「学位授与者(于毅波・加藤俊彦・大薗恵美・軽部大・王文英・林保順)」一橋論叢 日本評論社 1-Sep-1998
  4. ^ 「著者略歴」『関与と越境』
  5. ^ 「軽部 大」researchmap
  6. ^ 「イノベーション講座」一橋大学
  7. ^ [1]富士大学
  8. ^ 「軽部 大(カルベ マサル)」一橋大学
  9. ^ 「過去の受賞者」組織学会