輝ける日々

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
輝ける日々
クイーンシングル
初出アルバム『イニュエンドウ
A面 輝ける日々 (アメリカ盤のみ)
ボヘミアン・ラプソディ / 輝ける日々 (イギリス・日本盤のみ)
B面 ビジュウ (アメリカ盤のみ)
リリース
規格 CDコンパクトカセット
録音 1990年-1991年
ジャンル ソフトロック
時間
レーベル ハリウッド・レコード (アメリカ)
パーロフォン (ヨーロッパ)
東芝EMI (日本)
作詞・作曲 クイーン
(ロジャー・テイラー)
プロデュース クイーン
デイビッド・リチャード
クイーン シングル 年表
アイ・キャント・リヴ・ウィズ・ユー
(1991)
輝ける日々 / ボヘミアン・ラプソディ
(1991)
ショウ・マスト・ゴー・オン
(1991)
ミュージックビデオ
「These Are The Days Of Our Lives」 - YouTube
テンプレートを表示

輝ける日々」(かがやけるひび、原題:These Are The Days Of Our Lives)は、イギリスのロックバンド、クイーン1991年に発表した曲である。アルバム「イニュエンドウ」に収録。イギリス[1]日本[2]は「ボヘミアン・ラプソディ」の両A面として収録されている。

作曲者と作詞者のクレジットはクイーンとなっているが、後年のインタビューでドラマーのロジャー・テイラー作であることがわかっている。

プロモーションビデオ[編集]

エイズと闘病し、1991年に死去したフレディ・マーキュリーが生前最後にプロモーションビデオに出演した曲であり、彼の最晩年の姿が確認できる。映像はモノクロ処理だが、これは化粧をしてもなおフレディの衰弱の様子が分かってしまう為にモノクロ化をしたという説がある。ちなみにYouTubeなどでは撮影の様子がカラーで見る事ができる。

プロモーションビデオには、アニメーションがついているバージョンとついていないバージョンの2つのタイプがある。当初は前者でビデオの製作を統一するつもりであったが、フレディの強い意向により、2パターン作られた。

このプロモーションビデオではロジャーがパーカッションを演奏する姿が見えるが、実際に演奏しているのはロジャーではなく、プロデューサーのデヴィッド・リチャードである。

また、ブライアン・メイはプロモーションのため他の3人とは別撮りでこのPVに参加している[注 1]

ライブでの演奏[編集]

クイーンの正規メンバーでは演奏されたことはないが、1992年に行われたフレディ・マーキュリー追悼コンサートでは、ヴォーカルにジョージ・マイケルリサ・スタンスフィールドを迎えて演奏された。

クイーン+ポール・ロジャース」のツアーでは、ドラムを自動演奏にした上でロジャーがヴォーカルを務めた。そのステージでは、クイーンの初来日時の映像がスクリーンに映し出された。また、「クイーン+アダム・ランバート」としてのライブでもロジャーがヴォーカルを務めて歌われている。

収録曲[編集]

アメリカ盤[編集]

  1. 輝ける日々 - These Are The Days Of Our Lives (Queen)
  2. ビジュウ - Bijou (Queen)

イギリス盤・日本盤[編集]

  1. ボヘミアン・ラプソディ - Bohemian Rhapsody (Mercury)
  2. 輝ける日々 - These Are The Days Of Our Lives (Queen)

担当[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 4人が同時に映るカットは合成で、ブライアンの姿をはめ込んでいる最後のサビの1カットだけである。

出典[編集]