輝月ゆうま

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

輝月 ゆうま(きづき ゆうま、9月6日[1] - )は、宝塚歌劇団月組に所属する男役。

兵庫県神戸市[1][2]甲南女子高等学校出身[1]。身長177cm[1][3]。愛称は「ゆうま」[1][2]

来歴[編集]

2007年、宝塚音楽学校入学。

2009年、宝塚歌劇団に95期生として入団[2][3]宙組公演「薔薇に降る雨/Amour それは…」で初舞台[2][3]。その後、月組に配属[2]

長身に加えて芝居や歌に長け、2012年、龍真咲愛希れいかトップコンビ大劇場お披露目となる「ロミオとジュリエット」で、主要な役どころであるヴェローナ大公を演じる[3]。入団4年目での抜擢となった[3]

その後も物語のキーマンとなる役を多く演じてきたが、2021年8月16日付で専科へ異動となることが発表された[3][1]

主な舞台[編集]

初舞台[編集]

月組時代[編集]

TV出演[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f 『宝塚おとめ 2021年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、2021年、47頁。ISBN 978-4-86649-158-5。
  2. ^ a b c d e スカイ・ナビゲーターズ タカラヅカ・スカイ・ステージ。
  3. ^ a b c d e f g 【宝塚歌劇】月組の紫門ゆりや、輝月ゆうまが8月に専科異動 スターぞろいの95期初の専科生に 中日スポーツ。
  4. ^ 珠城りょうによる“Special LIVE”「Eternita」が2021年1月に、構成・演出は三木章雄 ステージナタリー。