輪姦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
輪姦

輪姦(りんかん)とは、一人の人間を複数の人間が強姦する事をいう。刑法上は「集団強姦」という用語を用いている。 江戸時代の隠語には「念仏講」がある。

刑罰[編集]

日本の法律では、強姦の法定刑は、2004年の刑法改正まで2年以上の有期懲役であったが、大学生サークルスーパーフリー事件[1][2][3][4]を受け、輪姦を対象とする2004年(平成16年)に集団強姦罪を新設し、4年以上の有期懲役とし非親告罪とする事が定められた(それまでは情状で検討されていた)。集団強姦罪では、性別不問で実際に性行為に参加していなくても、その場に居れば刑罰が成立した。

平成29年改正により強制性交等罪・準強制性交等罪の法定刑の下限が引き上げられ5年以上となり、集団強姦罪の法定刑の下限を超えることとなったので、改正法に吸収される形となり廃止された。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ABC Australia作成、Journeyman Pictures配給 『Rape Club: Japan's most controversial college society』、2008年1月21日https://www.youtube.com/watch?v=BTxZXKsJdGU2019年3月3日閲覧 
  2. ^ 【独占手記】刑期を終えた「スーフリ事件」主犯「和田サン」懺悔録 週刊新潮(2019年2月21日号) 2019年2月18日閲覧。記事は次のウェブサイトで公開中: https://www.dailyshincho.jp/article/2019/02240800/ https://www.dailyshincho.jp/article/2019/02250800/ https://www.dailyshincho.jp/article/2019/02260800/
  3. ^ 東京地裁における主犯への判決文
  4. ^ 小野登志郎『ドリーム・キャンパス―スーパーフリーの「帝国」』太田出版 (2004/07) ISBN 978-4872338614