輸送艇1号型

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
輸送艇1号型
JMSDF LCU-2002.jpg
基本情報
艦種 輸送艇
建造期間 1987年 - 1992年
就役期間 1988年 -
同型艦 2隻
前級 ゆら型
次級 最新
要目
基準排水量 420トン
満載排水量 540トン
全長 52.0 m (170.6 ft)
最大幅 8.7 m (29 ft)
深さ 3.9 m (13 ft)
吃水 1.6 m (5.2 ft)
主機 三菱S6U-MTKディーゼルエンジン×2基
推進器 スクリュープロペラ×2軸
出力 6,000馬力
速力 12 ノット (22 km/h)
航続距離 1,706海里 (10ノット巡航時)[1]
乗員 28名
便乗者 地上部隊 70名
兵装 JM61-M 20mm機銃×1門
レーダー OPS-9 対水上捜索/航海用
テンプレートを表示

輸送艇1号型(ゆそうていいちごうがた、英語: JMSDF LCU-2001 class utility landing crafts)は海上自衛隊輸送艇。1980年代に2隻が整備された。

概要[編集]

沿岸僻地地帯や離島に対する人員・物資を輸送するためのLCU型輸送艇である。海上自衛隊では、小型の輸送艦としてゆら型を有していたが、本型はそれを基に簡易化・小型化を行っている。

本型は最大で、人員200名、物資25トンを搭載できるとされている[1]。ビーチングのために、艦底は平底となっており、離礁にも利用するためにが艦尾にある。艦の前部が開放式の積載スペースとなっており、ここに車両・物資を搭載する。また、他に兵員70名を搭載できる。

アメリカ陸軍ラニーミード級汎用揚陸艇とほぼ同大であるが、排水量は異なり、ラニーミード級では戦車3両を搭載できるのに対し、本型は重量などの関係上、戦車の搭載に対応していない。人員の長距離輸送能力を重視したことによるとされる。

物資の揚陸方法は、海岸に擱座し、艦首のバウランプを下ろして行う。ゆら型では、バウドアとランプの二段階になっていたが、本型では一枚のバウランプのみになっており、艦首形状も平らになっている。

艦の後部には艦橋があり、兵員居住区と機関部もある。武装として、人力操砲のJM61 20mm機関砲を艦橋頂部に1基備えている。

同型艇[編集]

艇番号 艇名 造船所 起工 進水 竣工 所属
LCU-2001 輸送艇1号 佐世保重工業 1987年
(昭和62年)
5月11日
1987年
(昭和62年)
10月9日
1988年
(昭和63年)
3月17日
佐世保地方隊
佐世保警備隊
佐世保基地
LCU-2002 輸送艇2号 1991年
(平成3年)
5月15日
1991年
(平成3年)
10月7日
1992年
(平成4年)
3月11日
横須賀地方隊
横須賀警備隊
横須賀基地

参考文献[編集]