轟く天地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
轟く天地
The Thundering Herd
監督 ヘンリー・ハサウェイ
原作 ゼイン・グレイThe Thundering Herd
製作 Harold Hurley
出演者
音楽 Karl Hajos(クレジットなし)
撮影 Ben F. Reynolds
製作会社 パラマウント映画
配給 パラマウント映画
公開 1933年3月1日 (1933-03-01) (USA)
上映時間 62分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

轟く天地』(とどろくてんち、The Thundering Herd)は、1933年のアメリカ合衆国の映画で、ヘンリー・ハサウェイが監督し、ランドルフ・スコット、ジュディス・アレン (Judith Allen)、バスター・クラブ (Buster Crabbe)、ノア・ビアリー・Srハリー・ケリーが出演した西部劇[1]ゼイン・グレイの小説『The Thundering Herd』を原作とし、スコットとケリーが演じるふたりのバッファロー狩人たちが、インディアンや無法者たちを相手に、様々な危機に遭遇する。この作品は、1925年の映画『The Thundering Herd』のリメイクである。1920年代後半に、ウォーレス・ビアリーと組んでコメディ場面でしばしば映画に登場したノア・ビアリー・Srとレイモンド・ハットン (Raymond Hatton) は、この作品でもその頃の役回りを演じている。この作品は既にパブリックドメインとなっており、別名の『Buffalo Stampede』という題名でも知られている。

ハサウェイ監督は、スコット、ビアリー、ケリー、クラブと、この作品に出演したキャストの多くを、同じ年に制作したゼイン・グレイ原作の別の映画『森の男 (Man of the Forest)』でも起用している。

キャスト[編集]

  • ランドルフ・スコット - トム・ドーン (Tom Doan)
  • ジュディス・アレン - ミリー・フェア (Millie Fayre)
  • バスター・クラブ - 駅馬車の御者ビル・ハッチ (Bill Hatch)
  • ノア・ビアリー・Sr - ランドール・ジェット (Randall Jett)
  • レイモンド・ハットン - ジュード・ピルチュク (Jude Pilchuk)
  • ブランシュ・フリデリシ (Blanche Friderici) - ミセス・ジェーン・ジェット
  • ハリー・ケリー - クラーク・スプラーグ (Clark Sprague)
  • モンテ・ブルー (Monte Blue - スマイリー (Smiley)
  • バートン・マクレーン (Barton MacLane) - プルイット (Pruitt)[2]

脚注[編集]

  1. ^ The Thundering Herd”. Internet Movie Database. 2012年8月22日閲覧。
  2. ^ Full cast and crew for The Thundering Herd”. Internet Movie Database. 2012年8月22日閲覧。