辛島町停留場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
辛島町停留場*
Kaarshimacyou stop 1.jpg
辛島町停留場(2006年8月31日)
からしまちょう
Karashimacho
所在地 熊本市中央区新市街7-1地先
所属事業者 熊本市交通局
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
2,556人/日(降車客含まず)
-2015年-
乗降人員
-統計年度-
5,396人/日
-2015年-
開業年月日 1924年大正13年)8月1日
乗入路線 2 路線
所属路線 幹線A系統)
駅番号 8
キロ程 2.2km(熊本駅前起点)
田崎橋から2.9km
7 慶徳校前 (0.4km)
(0.2km) 花畑町 9
所属路線 上熊本線B系統)
キロ程 0.0km(辛島町起点)
健軍町から6.9km
B系統起点の上熊本から2.1km
B9 西辛島町 (0.3km)
(-km) 花畑町 9**
* 改称経歴 - 1936年 東辛島町→辛島町
** 全列車が乗り入れ
テンプレートを表示
SAKURA MACHI Kumamoto
熊本桜町バスターミナル
サンロード新市街
辛島町停留場の位置(熊本県内)
辛島町停留場
当停留所の位置

辛島町停留場(からしまちょうていりゅうじょう)は、熊本県熊本市中央区新市街7-1地先にある熊本市電電停。かつては熊本市産業文化会館の最寄であることから産文会館前の副名称があった。A系統B系統の乗り換え駅となっている。停留所番号8

利用可能な軌道路線[編集]

構造[編集]

相対式ホーム2面2線を有する。花畑町側、三菱UFJ銀行熊本支店前と辛島公園南側に折り返し設備がある。横断歩道を渡ってアクセスする。車椅子に対応。

のりば[編集]

辛島町電停のりば
のりば 路線 方向 行先
東側(新市街入口側) A系統 上り(前寄り) 河原町熊本駅前田崎橋方面
B系統 上り(後寄り) 新町段山町本妙寺入口上熊本方面
西側(辛島公園側) A系統・B系統 下り 通町筋新水前寺駅前水前寺公園動植物園入口健軍町方面

過去[編集]

現在の位置からロータリーで分岐して南熊本方面にも2面2線の乗降場[1]が存在し、主に春竹線通町筋方面行きを除く)や川尻線の発着駅に使われていた。

乗り換え[編集]

辛島町停留場では、A系統とB系統の電車を乗り換えることができる。いずれの場合も20分を過ぎた乗り換えは無効となる[2]

  • 現金の場合は、乗務員より乗換券が発行される。乗換券には発行時刻が記される[2]
  • ICカードの場合は通常の乗降と同様に[注釈 1]、それぞれの電車の乗降時にカードをカードリーダーにタッチする。乗り換えが有効であれば、乗り換えた電車の降車時に0円で処理される[3]

利用状況[編集]

2015年度の乗車人員数は2,556人[4]である。熊本市交通局の電停の中で5番目に利用者が多い。 1日平均の乗降人員は以下の通り。[5]

年度 1日平均
乗車人員
1日平均
乗降人員
2011年 2,332 5,084
2012年 2,136 4,527
2013年 2,332 4,653
2014年 2,618 5,275
2015年 2,556 5,396

利用可能なバス路線[編集]

周辺[編集]

通町筋停留場と並ぶ熊本市のショッピングゾーンの拠点で、バスセンターである熊本桜町バスターミナルはこの駅が最寄。また、駅東側には道幅の広いサンロード新市街アーケードがあり、熊本県最大の繁華街・下通商店街やファッションストリートとして有名なシャワー通と結ばれている。

歴史[編集]

駅の歴史

駅名の由来

  • 周辺の地名にちなむ。かつて周辺には陸軍の練兵場があり市街地を分断しており、熊本市長であった辛島格が練兵場の移転に尽力した。その功績を記念し町名および公園名に市長の名が付けられた。

隣の停留場[編集]

熊本市交通局
A系統(幹線)
慶徳校前電停 (7) - 辛島町電停 (8) - 花畑町電停 (9)
B系統(上熊本線・幹線)
西辛島町電停 (B9) - 辛島町電停 (8) - (幹線)花畑町電停 (9)

廃止路線[編集]

熊本市交通局
春竹線
辛島町電停 - 代継橋電停

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ただし、複数人での乗り換え、大人用カードでの小児運賃・割引運賃の支払いには対応していないため、これらの場合にも乗換券が発行される。