辛島航

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
辛島 航
東北楽天ゴールデンイーグルス #58
W karashima20190516.jpg
東京ドームにて(2019年)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 福岡県福岡市博多区
生年月日 (1990-10-18) 1990年10月18日(30歳)
身長
体重
173 cm
72 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2008年 ドラフト6位
初出場 2009年8月13日
年俸 6,200万円(2020年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

辛島 航(からしま わたる、1990年10月18日 - )は、東北楽天ゴールデンイーグルスに所属する福岡県福岡市博多区出身のプロ野球選手投手)。左投左打。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

福岡市立吉塚小学校の1年時に、「冷泉少年ファイターズ」で軟式野球を始める。3年時からソフトボールチームの「吉塚クリッパーズ」に移ると、外野手一塁手として5年時に九州大会へ出場。福岡市立吉塚中学校への入学後にボーイズリーグの「ドリームフューチャーズ」へ参加すると、2年時に外野手から投手へ転向した。

飯塚高等学校への進学後は、1年時夏の選手権福岡大会からベンチ入り。エースの座をつかんだ2年時の秋と、3年時の春にはチームの九州大会出場に貢献した。第90回全国高等学校野球選手権記念大会への出場校を決める3年夏の福岡大会では、二保旭河野元貴榎本葵などを擁する九州国際大学付属高等学校を準々決勝で破るなどの快進撃で、チームを学校創立46年目で初めて甲子園球場での全国大会出場に導いた。記念大会では浦添商業高校との初戦に先発したが、試合中に爪が割れたこともあって、8回を11被安打7失点という内容で敗戦投手になった。

2008年のNPBドラフト会議で、東北楽天ゴールデンイーグルスから6巡目で指名。契約金3,000万円、年俸600万円(金額は推定)という条件で入団した。背番号58

楽天時代[編集]

2009年イースタン・リーグ公式戦11試合に登板すると、1勝どまりながら防御率2.82をマーク。8月13日の対福岡ソフトバンクホークス戦(クリネックススタジアム宮城)で、救援投手として一軍公式戦へのデビューを果たした。高校から直接楽天へ入団した新人投手による一軍公式戦への登板は、2006年に右投手の田中将大が記録して以来2人目で、左投手では初めてであった。

2010年、公式戦の開幕から一軍に入ると、4月25日の対北海道日本ハムファイターズ戦(札幌ドーム)でプロ初ホールドをマーク。一軍公式戦全体でも、12試合の登板で5ホールドを挙げた。

2011年、故障の影響で入団後初めて一軍公式戦に登板しなかったものの、イースタン・リーグ公式戦では、13試合の登板で4勝2敗、防御率3.10を記録した。

2012年5月1日の対埼玉西武ライオンズ戦(西武ドーム)で一軍公式戦初先発を果たすと、6回2/3を2被安打1失点という内容で初勝利を挙げた。5月23日中日ドラゴンズ戦(クリネックススタジアム宮城)で2勝目を挙げたが、登板中に左手の中指を痛めた影響で、およそ2ヶ月間の戦線離脱を余儀なくされた。7月15日に一軍へ復帰してからは、先発ローテーションの一角に定着。美馬学と並ぶチーム2位の8勝を挙げた。

2013年7月31日、こまちスタジアムにて

2013年、シーズン前に左肘を痛めた影響で、一軍公式戦でのシーズン初登板は7月31日の西武戦(こまちスタジアム)にまでずれ込んだが、後半戦だけで3勝をマーク。球団史上初のパシフィック・リーグ優勝の一翼を担った。ポストシーズンでも、千葉ロッテマリーンズとのクライマックスシリーズ(CS)ファーストステージ第4戦と、読売ジャイアンツとの日本シリーズ第5戦に先発。日本シリーズ第5戦では勝敗が付かなかったものの、5回を1被安打無失点と先発の役割を果たした。シリーズ終了後の12月25日に結婚を発表[2]

2014年、入団後初めて、シーズンを通じて一軍の先発ローテーションに定着。リーグの最終規定投球回へ初めて到達したほか、リーグ10位の防御率3.79を記録した。9月7日の対千葉ロッテマリーンズ21回戦(QVCマリンフィールド)で一軍公式戦初の完封勝利を挙げたが、打線の援護に恵まれず、リーグ最多タイの13敗を喫した。7月5日に第一子(長男)が誕生[3]

2015年オープン戦期間中の3月上旬に背中を痛めた影響で、公式戦を二軍でスタート。さらに、右手親指付近の石灰化に見舞われていたことから、4月中旬に患部の除去手術を受けた。5月22日の対西武戦(西武ドーム)に先発投手として一軍公式戦のシーズン初登板を果たすと、8回を1被安打1失点に抑えシーズン初勝利[4]をあげるもシーズンを通しては夏場に調子を落とし5勝7敗と負け越した。シーズン終了後の契約交渉では、球団から初めて減俸を提示され前年から900万円減の推定年俸3,300万円という条件で契約を更改した[5]

2016年、一軍公式戦の開幕当初に先発で1勝を挙げたものの、左肩に炎症が生じた影響で、4月18日に出場選手登録を抹消。シーズン2勝目は、9月4日の対福岡ソフトバンクホークス戦(楽天Koboスタジアム宮城)の先発登板にまで持ち越され[6]、シーズンを通して3勝7敗と4年連続で負け越した。シーズン終了後には、前年に続く減俸(推定年俸3,000万円)を条件に契約を更改した[5]

2017年、公式戦の開幕から一軍の先発ローテーションへ入る予定だった岸孝之安樂智大が相次いで戦線を離脱したことを背景に、4月1日にオリックスバファローズとの開幕カード第2戦(京セラドーム大阪)で先発登板。この試合に6回2失点で勝利した[7]ことを皮切りに、4月中の先発登板3試合でいずれも勝利投手になった[8]。レギュラーシーズンの一軍公式戦では8勝8敗、防御率4.19と、チーム2年振りのCS進出に貢献、CSでもソフトバンクとのファイナルステージ第2戦(10月19日)に先発し6回途中1失点の好投で勝利に貢献した。また、弘前市はるか夢球場としては初めての一軍公式戦であった6月28日の対オリックス戦に先発で勝利するなど、地方球場での開催試合だけで4勝をマーク[9]。シーズン終了後の契約更改で1,200万円増の推定4,200万円で契約更改した。

2018年、前年に続いて、開幕から一軍の先発ローテーションに定着。リーグの最終規定投球回数には届かなかったものの、前年を上回る投球回数(117回2/3)を記録したほか、9月27日には対ロッテ戦(ZOZOマリンスタジアム)での救援登板によって一軍公式戦で初めてのセーブを挙げたが、年間通して打線との巡り合わせが悪い試合が多く、4勝9敗1セーブと負け越した。

2019年、レギュラーシーズンの前半戦は、岸や則本を開幕から故障で欠くチーム事情を背景に、美馬と並んで一軍の先発ローテーションで活躍。6月から調子を落としたため、8月以降は中継ぎやいわゆる「第2先発」も経験したが、9月7日の対西武戦(楽天生命パーク宮城)で自己最多のシーズン9勝目をマーク。シーズン全体では3年連続で4点台の防御率を記録しながら、チームトップの9勝を挙げ、チームの2年振りCS進出に貢献した。CS終了後の契約交渉では、推定年俸6,200万円(前年から1,200万円増)という条件で契約を更改する一方で、先発以外での起用に対する評価の明確化を球団に求めた[10]

2020年、オープン戦の先発登板で打ち込まれ弓削隼人松井裕樹ら先発左腕が台頭したことで前年までとは一転してレギュラーシーズンの開幕を一軍の救援要員として迎えた。開幕後の公式戦ではワンポイントの起用で自身2年ぶりのセーブを挙げたものの、防御率6.52と精彩を欠き8月6日に出場選手登録抹消。以降は先発要員として、一軍と二軍を往復し10月29日の対西武戦で漸くシーズン初勝利を挙げた[11]が、この1勝のみに留まり防御率4.93と低迷した。

選手としての特徴・人物[編集]

平均球速約137km/h[12]、最速145km/h[13]速球(フォーシーム、ツーシーム)と、緩いカーブスライダーチェンジアップなどの変化球を操る[要出典]

元々は細身で、飯塚高校への入学時点での体重はわずか53kgだったが、在学中のトレーニングで15kg増やした。楽天への入団3年目には、体重をさらに増やす目的で、春季キャンプの前に田中将大やダルビッシュ有と合同で自主トレーニングに臨んでいる[14]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2009 楽天 2 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 25 5.0 10 0 1 0 0 2 0 0 5 5 9.00 2.20
2010 12 0 0 0 0 0 1 0 5 .000 58 12.2 15 2 5 0 0 11 3 0 8 7 4.97 1.59
2012 16 16 0 0 0 8 5 0 0 .615 414 103.1 87 4 22 0 5 79 4 0 30 29 2.53 1.05
2013 11 10 1 0 0 3 4 0 1 .429 247 59.0 63 6 19 0 0 45 1 0 31 29 4.42 1.39
2014 25 25 1 1 0 8 13 0 0 .381 662 154.1 160 11 46 2 4 99 3 0 70 65 3.79 1.33
2015 14 14 0 0 0 5 7 0 0 .417 332 76.2 74 7 29 1 0 56 1 0 41 39 4.58 1.34
2016 13 13 0 0 0 3 7 0 0 .300 306 72.0 72 2 22 0 3 48 0 0 33 31 3.88 1.30
2017 19 19 0 0 0 8 8 0 0 .500 424 103.0 99 11 27 0 1 74 2 1 51 48 4.19 1.22
2018 23 22 0 0 0 4 9 1 0 .308 508 117.2 120 12 46 1 7 99 3 0 55 53 4.05 1.41
2019 27 18 0 0 0 9 6 0 2 .600 518 117.1 119 14 57 3 0 84 1 0 59 54 4.14 1.50
2020 19 6 0 0 0 1 3 1 2 .250 170 38.1 43 6 15 0 3 26 2 0 22 21 4.93 1.51
通算:11年 181 143 2 1 0 49 63 2 10 .438 3664 859.1 862 75 289 7 23 623 20 1 405 381 3.99 1.34
  • 2020年シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

年度別守備成績[編集]



投手












2009 楽天 2 0 2 0 0 1.000
2010 12 0 4 0 0 1.000
2012 16 6 20 1 2 .963
2013 10 3 10 0 1 1.000
2014 25 6 44 2 0 .962
2015 14 6 16 0 1 1.000
2016 13 4 8 0 0 1.000
2017 19 1 15 0 1 1.000
2018 23 4 30 0 3 1.000
2019 27 4 25 0 0 1.000
2020 19 3 8 1 0 .917
通算 181 37 182 4 8 .982
  • 2020年度シーズン終了時

記録[編集]

投手成績
打撃成績

背番号[編集]

  • 58 (2009年 - )

登場曲[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 楽天 - 契約更改 - プロ野球.日刊スポーツ.2019年12月18日閲覧。
  2. ^ “辛島航選手、入籍のお知らせ”. 東北楽天ゴールデンイーグルス. (2013年12月25日). http://www.rakuteneagles.jp/news/detail/3788.html 2020年7月22日閲覧。 
  3. ^ l “辛島航選手に第一子(長男)が誕生”. 東北楽天ゴールデンイーグルス. (2014年7月5日). http://www.rakuteneagles.jp/news/detail/4340.html l 2020年7月22日閲覧。 
  4. ^ “楽天・辛島省エネ1勝 前日5時間半死闘…お疲れナイン救った”. スポーツニッポン. (2015年5月23日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2015/05/23/kiji/K20150523010398260.html 2015年6月8日閲覧。 
  5. ^ a b “楽天・辛島、2年連続の年俸ダウン 4年ぶりAクラスへ欠かせない左腕”. BASEBALLKING. (2016年11月27日). https://baseballking.jp/ns/97094 2020年7月22日閲覧。 
  6. ^ “楽天辛島「粘って投げるだけ」5カ月ぶり2勝目”. 日刊スポーツ. (2016年9月24日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1705050.html 2020年7月22日閲覧。 
  7. ^ “楽天 一丸連勝!辛島“男気”投 安楽ケガ岸インフル緊急事態”. スポーツニッポン. (2017年4月2日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2017/04/02/kiji/20170401s00001173523000c.html 2017年5月3日閲覧。 
  8. ^ “楽天 3連勝で4年ぶりに貯金10!辛島無傷の3連勝”. スポーツニッポン. (2017年4月25日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2017/04/25/kiji/20170425s00001173356000c.html 2017年5月3日閲覧。 
  9. ^ “楽天・辛島、“地方の鬼”ぶり発揮で1200万増”. デイリースポーツ. (2017年12月8日). https://www.daily.co.jp/baseball/2017/12/08/0010800415.shtml 2020年7月22日閲覧。 
  10. ^ “楽天の辛島は6200万円 プロ野球・契約更改”. 時事通信社. (2019年12月17日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2019121700965&g=spo 2020年7月22日閲覧。 
  11. ^ “<楽天>猛打13得点 連敗を2で止める”. 河北新報. (2020年10月30日). https://news.yahoo.co.jp/articles/6eeeab4d00d01b797b663572f51084cfc3edfbc2 2020年10月30日閲覧。 
  12. ^ 『2013 プロ野球オール写真選手名鑑』日本スポーツ企画出版社、2013年、160頁。ISBN 978-4-905411-11-6。
  13. ^ https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2017/04/19/kiji/20170418s00001173328000c.html
  14. ^ “楽天辛島が初先発プロ1勝 ダルも祝福”. nikkansports.com. (2012年5月2日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20120502-943771.html 2012年11月27日閲覧。 

関連項目[編集]