辛紹先

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

辛 紹先(しん しょうせん、生年不詳 - 489年)は、北魏の人物。本貫隴西郡狄道県

経歴[編集]

西涼の驍騎将軍の辛淵の子として生まれた。北魏の太武帝北涼を滅ぼすと、紹先は晋陽に移住した。游明根・盧度世・李承らと交友関係を結んだ。父の喪に服して、3年のあいだ甘味を口にせず、頭を洗わず櫛も入れないでいたところ、その髪は全て抜け落ちた。中書博士から神部令に転じた。469年皇興3年)、南朝宋徐州刺史薛安都が北魏に帰順すると、紹先は下邳郡太守に任じられ、寧朔将軍の位を加えられた。宋の陳顕達・蕭道成蕭順之らの侵攻があったときも、蕭道成は紹先をはばかって下邳郡への侵入を避け、呂梁に駐屯した。489年太和13年)、紹先は郡で死去した。冠軍将軍・并州刺史・晋陽公の位を追贈された。は恵といった。

子女[編集]

  • 辛鳳達(京兆王国常侍、子の辛祥が知られた)
  • 辛穆(450年 - 526年、字は叔宗、平原相、征虜将軍・太中大夫)

伝記資料[編集]