辰孫王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

辰孫王(しんそんおう、356年-?)は、百済の王族である。近仇首王の孫で辰斯王の息子である。応神天皇時代、祖父近仇首王の命を受けて学者王仁と一緒に『論語』10巻と『千字文』1巻を携え、船で全羅南道霊岩郡から日本に渡った。『論語』10巻と『千字文』1巻を一緒に持って行った。その際に、百済には帰国せずに日本に定着した。菅野氏葛井寺の始祖となる。息子太阿郎王は仁徳天皇の近侍となった。

家系[編集]

  • 祖父:近仇首王
  • 父:辰斯王
    • 兄:餘暉
  • 子:太阿郞王
    • 孫:亥陽君や玄陽君
      • 曾孫:午定君や塩君
        • 4代孫:王辰爾
        • 4代孫:味沙や味散君
        • 4代孫:麻呂君

関連項目[編集]

参考文献[編集]