辰巳リカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
辰巳 リカ
Rika Tatsumi
辰巳 リカ Rika Tatsumiの画像
プロフィール
リングネーム 辰巳 リカ
ケンドー・リリコ
石澤 りりこ
ニックネーム ドラゴン
ドラちゃん
リカちゃん
ホワイトドラゴン
身長 165cm
誕生日 (1991-09-27) 1991年9月27日(29歳)
出身地 長野県
所属 東京女子プロレス
デビュー 2014年1月28日
テンプレートを表示

辰巳 リカ(たつみ りか、1991年9月27日 - )は、日本の女性プロレスラー東京女子プロレス所属。また、秋葉原ディアステージにてディアガールとして勤務していた。

経歴[編集]

2013年
  • DPGの初期メンバー「ケンドー・リリコ」として活動。その活動の中でDDTの試合を観戦したのがきっかけで自身も始めようと思い、ユニットで活動していたユカ・サカザキと共に夏頃より「石澤りりこ」名義で東京女子プロレスの練習生になる。
2014年
  • 5月24日、王子BASEMENT MONSTARでの試合中に腕を負傷、検査の結果「左橈尺骨骨幹部骨折」と診断され、以降の試合の欠場が発表される[3]
2015年
2016年
2017年
  • 3月25日、沙希様マーサのSIN美威獅鬼軍に対抗すべく黒音まほをパートナーに「どらごんぼんば〜ず」を結成。以降SIN美威獅鬼軍との抗争に入る。
  • 6月4日、新宿FACE大会でのSIN美威獅鬼軍とのユニット解散マッチに勝利。
  • 8月26日、どらごんぼんば~ずはSIN美威獅鬼軍と対戦。最後は辰巳が沙希様からヒップアタックで3カウント。試合後、沙希様は病に倒れ、辰巳はタッグトーナメントに照準を合わせた[4]
2018年
2019年
2020年
  • 5月3日、初の個人写真集『DESTRUCTION BABY』を発売[10]
2021年

人物[編集]

  • 「辰巳リカ」の元ネタは立見里歌で、キャッチコピーは「ホワイトドラゴン」愛称は「ドラちゃん」[11]
  • 当初は「石澤りりこ」が本名とされていたが[12]、辰巳リカへの改名の際「本名のリカを使いたい」との発言があり[13]、正確な本名は不明。
  • 瑞希のことを恋愛対象として思っており、2018年3月1日『DDTの木曜The NIGHT』(AbemaTV)#10において告白した[14]
  • 座右の銘は「なんとかなる」[15]
  • 好きな食べ物は、生春巻き。マジスパのスープカレー。明太高菜ごはん。ネギトロ丼のネギ抜き。黒糖タピオカ。チーズケーキ[16]
  • 好きな音楽ジャンルは、主に邦楽ロック。自身もバンド経験があり、ギターボーカルなどを担当していた。使用ギターは赤色のエレアコで、高校生の頃にバイトの初任給で購入した。(本人曰く、ブランドなどは不明)[17]
  • 好きな漫画は、高橋留美子作品、岡崎京子作品、『のだめカンタービレ』、『シャーマンキング』、『DEATH NOTE』など[18]
  • 得意な教科は音楽と体育、苦手な教科は数学[19]
  • 学生の頃はバレー部や合唱部に所属。当時の応援の声出しが現在のセコンド業務にも活きているとのこと[20]

得意技[編集]

ドラゴンスリーパー
現在の主なフィニッシャー。元祖の藤波辰爾と同じくスリーパーホールドを仕掛け腰が落ちた所で移行するパターンを良く用いる。
ホワイトドラゴンスリーパー
風間ルミのドラゴンパンサーと同型。フィニッシャーの一つ。
ドラゴン式ツイスト・オブ・フェイト
初期のフィニッシャー。現在も時折フィニッシュホールドとして使用される。相手の頭を抱えた状態で見得を切るのが特徴。
ヒップアタック
フィニッシュとしてダイビング式のミサイルヒップも使用する。
本人曰く、お尻の硬度はダイヤモンド級。[21]
エルボードロップ
「あ~、よっしゃ行くぞー!」と叫んでから放つ。
腕ひしぎ逆十字固め
足4の字固め
ドラゴンスクリュー
スリーパーホールド
ドラゴンバックブリーカー
ドラゴンリングイン
リバース・インディアン・デスロック
タッグマッチにおいて、カットしようとして向かってきた相手をブレーンバスターで投げつつ極めた相手にもダメージを与える独特のムーブを持つ。

合体技[編集]

白昼夢エタニティ
渡辺未詩とのタッグチーム「白昼夢」での合体技。渡辺がカナディアン・バックブリーカーで担いだ相手へのツイスト・オブ・フェイト。読みは「デイドリーム・エタニティ」。

タイトル歴[編集]

東京女子プロレス
DDTプロレスリング

紙テープカラー[編集]

白(比率=1)

入場曲[編集]

恋と革命 (辰巳リカ)
でんでんぱっしょんでんぱ組.inc)旧テーマ曲。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 2014年1月18日(土) 王子BASEMENT MON☆STAR”. 株式会社DDTプロレスリング・東京女子プロレス事業部. 2014年1月19日閲覧。
  2. ^ 2014年1月28日(火) 渋谷エンタメステージ”. 株式会社DDTプロレスリング・東京女子プロレス事業部. 2014年1月29日閲覧。
  3. ^ 2014年5月24日(土) ケンドーリリコが左腕骨折のため欠場”. 株式会社DDTプロレスリング・東京女子プロレス事業部. 2014年6月28日閲覧。
  4. ^ 週刊プロレス』(2017年9月13日号)、pp.107、ベースボール・マガジン社
  5. ^ 【東京女子プロレス】山下実優が辰巳リカとの激戦を制し4度目の防衛に成功!6月開幕の『東京プリンセスカップ』をチャンピオンとして優勝を宣言!〈5.3後楽園大会〉 | プロレスTODAY” (日本語) (2018年5月4日). 2020年5月30日閲覧。
  6. ^ https://www.ddtpro.com/news/1077
  7. ^ 11.18 東京女子プロレスFC興行『プレ東京女子プロレス。1』(蕨レッスル武闘館大会)まとめ (3ページ目)” (日本語). Togetter. 2020年5月31日閲覧。
  8. ^ https://www.ddtpro.com/news/2352
  9. ^ 【DDT】11.3 両国『Ultimate Party 2019~DDTグループ大集合!~』全試合結果!ケニー・オメガが5年ぶりに登場!HARASHIMAが2冠王に!白昼夢、高梨、坂崎が王座獲得!石井、DAMNATIONが防衛! | プロレスTODAY” (日本語) (2019年11月3日). 2020年5月30日閲覧。
  10. ^ https://twitter.com/tjpw2013/status/1246396785947369472
  11. ^ 辰巳→ドラゴンから
  12. ^ http://www.tokyo-sports.co.jp/prores/womens_prores/231890/
  13. ^ 【王子リポート】美威獅鬼軍が“美意識の絆”で同期タッグを撃破/ミサヲ、KANNAの更生に失敗/元リリコの新リングネームは辰巳リカ/えーりんvsKANNA、山下vs坂崎、中島vsのの子、清水vsミウラ…東京プリンセスカップのトーナメント1回戦の組み合わせが決定”. 株式会社DDTプロレスリング. 2015年6月20日閲覧。
  14. ^ 恋愛トークから番組中に生告白まで…♡最後は「ダメ東京女子」決定で“デビってる”!?|DDTの木曜The NIGHT#10 〜東京女子プロレス ひな祭りSP~”. AbemaTV公式 YouTube (2018年3月3日). 2018年3月3日閲覧。
  15. ^ https://twitter.com/doratles/status/993508828208508928
  16. ^ https://www.openrec.tv/live/12ro99776rn
  17. ^ https://www.openrec.tv/live/ykz0m41oo8w
  18. ^ https://www.openrec.tv/live/ykz0m41oo8w
  19. ^ https://www.openrec.tv/live/ykz0m41oo8w
  20. ^ https://www.openrec.tv/live/ykz0m41oo8w
  21. ^ https://www.openrec.tv/live/12ro99776rn

関連項目[編集]