辰斎年秀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

辰斎 年秀(しんさい としひで、安政6年〈1859年[1] ‐ 没年不明)とは、明治時代浮世絵師

来歴[編集]

月岡芳年または中山年次の門人。『東洋絵画共進会出品目録』(明治19年〈1888年〉刊行)に「雑派」として「年秀」の名があり、それによればこの「年秀」は本名平岡光太郎、横浜翁町に住み、このとき27歳だったという。これが辰斎年秀と同一人とされている。作は明治27年(1894年)とその翌年に版行された日清戦争錦絵が残る。

作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『浮世絵人名辞典』には安政6年の生れとあるが、明治19年4月刊行の『東洋絵画共進会出品目録』には「二十七年七月」(27歳と7ヶ月)とあり、これによって逆算すれば万延元年(1860年)頃の生れとなる。

参考文献[編集]