辰野町営バス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

辰野町営バス(たつのちょうえいバス)は、長野県上伊那郡辰野町が運営するバスである。

概要[編集]

かつて、松本電気鉄道による路線バスとして、飯沼線や藤沢線、川島線、小横川線が町内を走行していたが、過疎化モータリゼーションの進展などに伴う利用客の減少により、廃止されることとなった。このため、辰野町が住民の足を確保するために運行を開始したのが始まりである。[要出典]100~600円の対距離制の運賃を採用している。

運行経路[編集]

  • 飯沼線
便により運行経路が異なる。午前中および正午付近に運行されるものは、月火金は下雨沢を経由するが、水木は経由しない。また、冬季である1月10日~3月20日までは朝方に下村口発小野駅行きの臨時便の設定がある。

土日、祝日、お盆、年末年始は運休となる。

  • 川島線
辰野駅 - 役場口までの間は相互乗降できない。 日祝日と、お盆、年末年始は運休となる。

関連項目[編集]

脚注[編集]


時刻表は全停留所掲載である。料金については辰野町例規集にある「辰野町営バス設置条例」第8条に定められている。