辰馬本家酒造

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
辰馬本家酒造株式会社
Tatsuuma-Honke Brewing Co., Ltd.
Hakushika (factory).jpg
辰馬本家酒造本社工場
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 白鹿
本社所在地 日本の旗 日本
兵庫県西宮市建石町2-10
設立 1662年創業(会社設立は1917年
業種 食料品
法人番号 6140001069420
事業内容 日本酒を中心とした各種酒類の製造・販売
代表者 辰馬健仁(代表取締役社長)
売上高 単体:101億円(2005年3月期)
関係する人物 辰馬章夫(相談役)
外部リンク www.hakushika.co.jp/ 公式サイト
テンプレートを表示

辰馬本家酒造株式会社(たつうまほんけしゅぞう、Tatsuuma-Honke Brewing Co., Ltd.)は、灘五郷兵庫県西宮市清酒大手メーカーである。

概要[編集]

1662年(寛文2年)創業。ブランドネームは『白鹿』であり、全国的な日本酒の銘柄として知られており、代表的な商品としては『黒松白鹿』が有名である。

代々社長・会長は辰馬家から輩出され、辰馬家により同族経営が行われている。辰馬家はの嘉納家(嘉納財閥)や山邑家(山邑財閥)などとともに、酒蔵でも指折りの名門である。 戦前は土地開発や金融業、海運業などさまざまな事業を手がけ辰馬財閥を形成していた。また本町辰馬家出身の山県勝見(元国務大臣・興亜火災海上保険元会長)が、辰馬財閥の大番頭として活躍したことでも知られている。他の阪神財閥とともに、阪神間文化(阪神間モダニズム)にも少なからず影響を与えた。

また、白鹿グループの中には関西の有名進学校である、甲陽学院中学校・高等学校があり、の嘉納治郎右衛門(菊正宗酒造)、嘉納治兵衛(白鶴酒造)、山邑太左衛門(櫻正宗)によって設立された灘中学校・高等学校と並び、酒造メーカーが設立した学校としても著名である。

なお、同社が出す「超特選黒松白鹿六光年純米大吟醸(V-1000)」は、定価10万円と非常に高額であり、市販されている日本酒では最高額が付いている。

『白鹿』は中国では古来から縁起のよい霊獣のことをさし、の時代の「宣春苑中之白鹿」という故事や、その故事を基にした詩、「長生自得千年寿」が酒銘の由来であるとされる。また、「白鹿」には神仙思想を反映し、同社の酒づくりの精神ともなっている。

茨城県石岡市にある石岡酒造でも『白鹿』の銘柄で日本酒を製造・販売しているが、石岡酒造との資本・業務提携関係は無い。(辰馬本家酒造の白鹿は縦書き、石岡酒造の白鹿は横書きで区別されている)

2014年11月に京都市上京区に“ちょっとした贅沢感”をコンセプトに、今まで日本酒を飲んだことのない方と外国人観光客向けに日本酒文化を体感できる「おづKyoto - maison du sake -」をオープンした。

2016年4月には、江戸・明治期に築造された白壁造りの土蔵を活用した蔵元直営の「ショップ&レストラン 白鹿クラシックス」を建て替え、“木漏れ日のある酒蔵の店”をコンセプトに全面リニューアルオープンした。

みどり会の会員企業であり三和グループに属している[1]

歴史[編集]

  • 1662年 創業者である辰屋吉左衛門が初代辰屋(当時の屋号)で創業、酒造業を始める。その後、海漕業・金融業などに拡大。
  • 1843年 年産2000石を突破[2]
  • 1852年 宮水販売部開設[2]
  • 1853年 製樽業始まる[2]
  • 1855年 辰馬きよ(10代吉左衛門未亡人)が采配を振る
  • 1861年 製樽工場開設[2]
  • 1867年 江戸積樽廻船の和船6隻所有。江戸へ清酒や雑貨を積送し、米や雑貨を積荷して帰坂。[2]
  • 1873年 米穀部創設[2]
  • 1875年 薪炭部創設[2]
  • 1877年 辰馬米穀部として本格的な営業を開始し、辰馬家の酒造用原料米の買入斡旋とともに米穀問屋業や精米業も始める[2]
  • 1879年 薪炭部の問屋営業を拡大し、大阪や神戸の薪炭業者への卸売始める[2]
  • 1884年 神戸の監獄付属マッチ製造場を兵庫県より払い下げ、マッチ工場「日出館」創業[3]
  • 1885年 日本郵船積酒荷の集荷などを行なう辰馬回漕店を創業し、海上火災保険の代理店業務も始める[4]。神奈川支店開設[2]。恵美酒銀行の主要株主となる[2]
  • 1887年 西宮にマッチ工場「日新館」創業[3]汽船を購入し、地元の酒造家たちと「有限会社盛航会社」を共同経営し、九州の石炭や備前の食塩などを輸送[2]
  • 1891年 和歌山支店開設[2]
  • 1892年 「辰馬本家商店」の名で営業開始。1万7500石(3150キロリットル)を醸造、日本一の醸造高を記録。その後、本業である酒造事業のほか、汽船会社(海運業)や海上火災保険業・教育業などへ事業を拡大。財閥を形成する。製樽工場拡大し、独立する。
  • 1893年 有限会社盛航会社を盛航株式会社に改組し、社長に辰馬本家番頭の辰栄之介が就任[2]
  • 1897年 13代辰馬吉左衛門が当主となる[5]。所有蔵数21を数える。摂州灘酒家興業会社を盛航株式会社が吸収[2]
  • 1898年 所有船舶すべてを摂津航業株式会社に売却し盛航株式会社を解散[2]
  • 1901年 「白鹿」ブランドへの統一化と全国展開を図る[2]。辰馬回漕店を合資会社辰馬本家回漕部に改組(1910年解散)[2]
  • 1903年 台湾で合資会社辰馬商会が設立される[2]
  • 1905年 辰馬本家汽船部を設立。
  • 1907年 瓶詰酒販売始める。印刷部開設。[2]
  • 1909年 汽船部門が「辰馬汽船合資会社」として独立し、1916年に「辰馬汽船株式会社」に改組(のち吸収合併を繰り返し商船三井に発展)[4]
  • 1912年 大連に合資会社辰馬商会設立[2]
  • 1917年 辰屋の酒造部が一部を除いて法人化され、辰馬本家酒造株式会社となる。13代当主が相談役に、実弟の浅尾豊一が社長に、常務取締役に辰馬勇治郎が就く[2]。本町辰馬家の辰馬半右衛門、事業を辰馬本家に売却。安治川土地株式会社設立し、大規模土地開発を行なう[2]
  • 1919年 火災海上保険部門が東京海上火災保険との共同出資で「辰馬海上火災保険」として独立(その後吸収合併を経て損害保険ジャパン日本興亜に発展)[4]。夙川土地株式会社設立し、「花の夙川園」運営や住宅地の造成を行なう[2]
  • 1920年 高級酒「黒松白鹿」を発売。学校法人辰馬育英会を創設し、甲陽学院中・高等学校、松秀幼稚園が発足。
  • 1924年 酒造経営のすべてが辰馬本家酒造株式会社の経営となる[2]
  • 1924年 有価証券、船舶不動産の取得および利用ならびに各種事業に対する投資を目的とした持株会社「辰馬合資会社」設立[2]
  • 1940年 甲陽高等商業学校設立[2]
  • 1943年 分家の南辰馬家の事業を合併
  • 1981年 辰馬章夫社長就任
  • 1983年 創業320年記念に白鹿記念酒造博物館を開設
  • 1992年 甲子園都ホテル(現・ホテルヒューイット甲子園)開業

創業者一族[編集]

13代辰馬吉左衛門

当主は代々「辰屋吉左衛門(のち辰馬吉左衛門)」を名乗る。7代辰馬吉左衛門の時代(18世紀末)に酒業栄え、その後西宮有数の酒造家に発展。安政2年(1855)に10代辰馬吉左衛門が急逝し、11代辰馬吉左衛門が家督を継ぐも若年のため、10代吉左衛門未亡人の辰馬きよ(1809~1901)が が、番頭の辰栄之介とともに切り盛りする[3]。この時期に酒業ますます栄え、明治初頭に4000石だった生産高を20年ほどで約4倍に伸ばし、江戸積樽廻船の運航、宮水の販売など、経営も多角化する[3]

この時期分家も進み、北辰馬家、南辰馬家、松辰馬家、柳辰馬家、本町辰馬家などが生まれた。北辰馬家は、10代辰馬吉左衛門の三女の婿である辰馬悦蔵が興し、白鷹 (企業)として存続する[3]。南辰馬家は10代吉左衛門の四男である辰馬喜十郎(日本摂酒株式会社社長)が興し(1943年に本家と合併)、洋館「旧辰馬喜十郎住宅」で知られる[3][6]。11代吉左衛門の娘が興した松辰馬家、南辰馬家初代の養女・潤(子爵大久保教尚の叔母)の婿・辰馬勇次郎が興した柳辰馬家はのちに本家と合併した[7]。勇次郎は辰馬汽船合資会社社長などを務めた[2]。10代吉左衛門の三男の辰屋鹿蔵は、中島家(尾張藩の飛び地門戸村の代官)に養子に入って中島成教となり、明治維新後に実家の辰馬本家と共同で神戸でマッチ工場を経営した[3]

11代辰馬吉左衛門には子がなく、妻の辰馬たきが12代当主を務めた[2]。13代辰馬吉左衛門(1868-1943)は分家の北辰馬家の辰馬悦蔵の長男で、明治16(1883)年16歳で辰馬本家の養子となり、1997年に家督を相続、酒造経営の近代化と合理化に努めた[5]。汽船部を設立し、第1次世界大戦により好景気となり、教育事業も始めた[8]。妻は松平直致の四女。13代の姪の婿である山県勝見は、辰馬海上火災保険社長、辰馬汽船社長を経て参議院議員となり、吉田内閣国務大臣厚生大臣を歴任した。

戦後の社長を務めた辰馬力(1896~1981)は南辰馬家初代の養子・辰馬利一(恵美酒銀行頭取、日本摂酒社長)と妻のあい(児島惟謙の娘)の長男で、戦前より社長を務めていた実家の日本摂酒が辰馬本家と合併したことにより社長となった[9][10]。妻は若尾璋八、毛利忠三(毛利元亮の子)の娘、弟・俊夫の岳父に平賀譲がいる。

その後継社長で14代当主の辰馬吉男(1906-?)は13代辰馬吉左衛門の長男。山口吉郎兵衛の長女を妻とし、15代当主となる長男・辰馬章夫(1941-?)をもうける。章夫は慶応義塾大学法学部法律学科卒業後、朝日麦酒を経て昭和43年(1968年)に辰馬本家酒造入社し、昭和56年(1981年)代表取締役社長に就任、全国各地に「白鹿会」結成し、白鹿記念酒造博物館を開館するなどし、平成18年(2006年)から代表取締役会長、平成25年(2013年)からは取締役相談役を務める[8][11]。妻は野田醤油(現・キッコーマン)の高梨兵左衛門(小一郎)の娘、辰馬本家酒造現社長の辰馬健仁は章夫夫妻の次男。四男の辰馬伸介は、ホテルヒューイット甲子園を経営するロテルド甲子園株式会社代表取締役[12][13]

過去の提供番組[編集]

CM出演者[編集]

白鹿グループ[編集]

関係企業(同根)[編集]

  • 辰馬汽船(新日本汽船→山下新日本汽船→ナビックスライン→現:商船三井
  • 辰馬海上火災保険→興亜火災海上保険(現:損保ジャパン日本興亜
  • 雄洋海運(現:JXオーシャン)

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ メンバー会社一覧 - みどり会
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac 灘酒造家による事業の多角化と資産管理-辰馬本家を事例として大島 朋剛、企業家研究〈第7号〉2010.10
  3. ^ a b c d e f g 歴史にみる西宮・阪神―近代黎明期をめぐって尾﨑耕司、大手前大学公開講座『歴史と文化の旅』平成23年度、p70
  4. ^ a b c 財団の沿革一般財団法人 山縣記念財団
  5. ^ a b 辰馬吉左衛門(13代)(読み)たつうま・きちざえもんコトバンク
  6. ^ 白雪の明治・大正・昭和 第4章/国民生活安定の支えとなればよし小西酒造
  7. ^ 『地方財閥』森川英正、日本経済新聞社, 1985, p162
  8. ^ a b 醸家銘々伝 兵庫県西宮市 辰馬本家酒造醸協(1987)
  9. ^ 赤城徳彦系図近現代・系図ワールド
  10. ^ 辰馬利一君『大正人名辞典』東洋新報社、1917、p641
  11. ^ 平成27年度西宮市民文化賞受賞者紹介(辰馬章夫さん)西宮市役所、2015年12月28日
  12. ^ リーダー達の決断 創業350年の生活創造型企業が地域活性化のために下した決断生活創造型企業としての思いを共有できるパートナーと手を組み、地域の活性化に取り組む岩本大輝、Hoteres, 2012.11.21, p110
  13. ^ 企業情報ホテルヒューイット甲子園

関連項目[編集]

本体のサイト[編集]

白鹿グループに属する企業・法人のサイト[編集]