農場前駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
農場前駅
のうじょうまえ
Nōjōmae
南大夕張 (2.7km)
(3.3km) 明石町
所在地 北海道夕張市鹿島
所属事業者 三菱石炭鉱業
所属路線 大夕張鉄道線
キロ程 10.3km(清水沢起点)
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1946年(昭和21年)2月1日
廃止年月日 1957年(昭和48年)2月1日
備考 ダム湖完成後にほぼ同位置にシューパロ湖駅が設置された
テンプレートを表示

農場前駅(のうじょうまええき)は、北海道夕張市鹿島にあった三菱石炭鉱業大夕張鉄道線廃駅)である。大夕張ダム建設に伴う住民移転のため廃止されたが、ダム湖完成後にほぼ同位置にシューパロ湖駅が設置された。

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線を有する地上駅であった。

歴史[編集]

  • 1946年(昭和21年)2月1日 -食料増産の為第2農場前臨時乗降場として設置
  • 1950年(昭和25年)11月1日 - 農場前臨時乗降場と改称
  • 1957年(昭和32年)2月1日 - 大夕張ダム建設に伴い廃止

現状[編集]

シューパロ湖駅跡地とその周辺は2014年3月、夕張シューパロダムの湛水開始により水没した。


隣の駅[編集]

三菱石炭鉱業
大夕張鉄道線
南大夕張駅 - 農場前駅 - 明石町駅

参考文献[編集]

  • 奥山道紀・赤城英昭 『三菱鉱業大夕張鉄道』 ネコ・パブリッシング〈RM LIBRARY #47〉、2003年。ISBN 4-7770-5002-5。
  • 奥山道紀「RM LIBRARY通信 三菱大夕張鉄道の現在」、『レイルマガジン』第251号、ネコ・パブリッシング、2004年8月、 pp. 104-107。

関連項目[編集]