農業一口メモ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
農業一口メモ
ジャンル 情報番組
放送期間 1976年4月 -
放送時間 平日 11:55 - 12:00(5分)
放送局 山形放送
パーソナリティ 門田和弘
提供 南東北クボタ
特記事項:
放送開始 - 1997年8月は土曜も放送していた。
放送開始 - 2012年6月は山形クボタの単独提供。
テンプレートを表示

農業一口メモ』(のうぎょうひとくちメモ)は、山形放送が放送しているラジオ番組1976年4月から放送している長寿番組である。

平日 11:55 - 12:00の帯番組(1997年8月30日までは土曜も放送していた)。南東北クボタ単独提供(放送開始から2012年6月29日放送分までの社名は山形クボタ)。なお、スポンサーの南東北クボタとは、山形クボタ・庄内クボタ・福島クボタの3社が同年7月1日に対等合併して新生誕生した企業である。

概要[編集]

山形県農林水産部生産技術課からの情報提供により、季節に合わせた稲作や野菜・果樹栽培に役立つ情報や注意などを農家向けに知らせている。パーソナリティーの門田和弘アナウンサー(以前はYBCアナウンサーのシフト勤務)による前半提供読みのアナウンスと本編(本題)が終わると、歌謡曲演歌またはJ-POP)を流し、南東北クボタのCMを40秒(または20秒×2)をかけた後で、後半提供読みのアナウンスをし番組は終了する、といった放送プログラムとなっている。

もともと山形放送の開局にあたって、開局の大きな目的として「僻地に向けて、山形県の気候・風土に合った農業情報及び娯楽を提供し、県民の生活・文化の向上に資する」を挙げており(山形放送社史より)、その目的に沿った番組といえる。

なお庄内クボタ・福島クボタとの合併による商号変更前の山形クボタは、以前テレビでかつて放送されていた昼前の「山形新聞ニュース」(11:40頃)の単独スポンサーであった。

提供アナウンス[編集]

  • 1(OP).「親戚づきあいの南東北クボタ(山形クボタ)がお送りする、農業一口メモです。
  • 2(ED).「お宅とクボタは親戚づきあい、南東北クボタ(山形クボタ)がお送りした、農業一口メモを終わります。」

これらは旧山形クボタ時代から変わっておらず、引き続き南東北クボタになってからも使い続けている。

関連項目[編集]