辻原弘市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

辻原 弘市(つじはら ひろいち、1923年大正12年)1月23日[1] - 1985年昭和60年)10月19日[1][2])は、日本政治家日本社会党衆議院議員(8期)。日本武道館常任理事[1]

来歴[編集]

和歌山県出身[1][2]。1940年(昭和15年)和歌山県立田辺中学校(現和歌山県立田辺中学校・高等学校)を卒業[3]。朝鮮窒素肥料に入社し研究部に配属された[2][3]1943年(昭和18年)和歌山師範学校本科を卒業[1][2][3]。和歌山県内の小中学校の教諭を務め、和歌山県教職員組合書記長、日本教職員組合中央執行委員、日本労働組合総評議会常任幹事などを歴任[2][3]

1952年(昭和27年)の第25回衆議院議員総選挙和歌山2区から日本社会党左派公認で立候補して初当選する[2]。以来当選8回[1][2]。国会内では災害対策特別委員長などを務めた[1][2]1976年(昭和51年)の第34回総選挙に出馬せず引退。1985年死去。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』397頁。
  2. ^ a b c d e f g h 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』412頁。
  3. ^ a b c d 『日本の教育』84頁。

参考文献[編集]

  • 宗像誠也国分一太郎編『日本の教育 : "教育裁判"をめぐる証言』岩波書店〈岩波新書〉、1962年。
  • 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』日外アソシエーツ、2003年。

関連項目[編集]


名誉職
先代:
天野公義
最年少衆議院議員
1952年 - 1955年
次代:
石橋政嗣