辻宏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

辻 宏(つじ ひろし、1933年 - 2005年12月22日)は、愛知県春日井市出身[1]パイプオルガン建造家。オルガン奏者ピストイア名誉市民。妻は翻訳家の辻紀子。

略歴[編集]

  • 1958年(昭和33年) - 東京芸術大学器楽科(オルガン専攻)卒業
  • 卒業と同時に横浜の成美学園(現 横浜英和女学院)の音楽教師となる。
  • 1960年(昭和35年)4月 -成美学園英語教師であった 松尾紀子と結婚。
  • アメリカ合衆国Schlicker Organ Companyで3年間オルガン建造を学ぶ。ここでは電気・ニューマティック方式のオルガン製作に関わる。
  • オランダFlentrop Organ Companyにおいてトラッカー方式のオルガンの建造を学び大きく影響を受ける。
  • 1964年(昭和39年) - 神奈川県座間市に、辻オルガン建造所を設立し代表となる。
  • 1973年(昭和48年) - 日本オルガン研究会を松原茂、佐藤ミサ子らと設立。
  • 1974年(昭和49年) - スペインサラマンカ新大聖堂で、16世紀のオルガン「天使の歌声」(別名:鳴らないオルガン)を初めて目にする。
  • 1976年(昭和51年) - 岐阜県加茂郡白川町に転居。呼称を 辻オルガン とする。
  • 1984年(昭和59年) - イタリアのピストイア音楽院講堂の古いパイプオルガンを修復する。
  • 1988年(昭和63年) - サラマンカ新大聖堂から「天使の歌声」の修復を依頼されるが[2]、大聖堂側は資金が無いため修復費用を出せないという事だった。そこで辻は修復費用の3000万円を集める為に、元スペイン大使の林屋永吉に協力を依頼し「オルガン修復協力の会」を結成。会で募金を募り約1年で3500万円を集めた。
  • 1989年(平成元年)8月 - 「天使の歌声」の修復を開始。
  • 1990年(平成2年)3月25日 - 修復が終わった「天使の歌声」の奉献式を行う。
  • 1994年(平成6年) - 岐阜サラマンカオルガンソサエティー 設立。
  • 1999年(平成11年) - サラマンカ大学は辻の功績を称えて「日本スペイン文化センター」を設立した。
  • 2005年(平成17年)12月22日 - 筋萎縮性側索硬化症のため岐阜県加茂郡白川町の病院で死去。72才没。

受賞歴[編集]

出版物[編集]

著書
  • 『風の歌 : パイプ・オルガンと私』 1988 日本基督教団出版局 ISBN 4818400025
  • 『オルガンは歌う : 歴史的建造法を求めて』 2007 日本キリスト教団出版局 ISBN 9784818406605
関連書籍
  • 『家族をおくる三つの葬儀 : パイプオルガン制作者・辻宏先生が召されて〈特別寄稿〉』 2007 辻紀子(著)
  • 『峠の樅の木と3台のパイプオルガン : 辻宏パイプオルガン物語序章』 2010 辻紀子(著) いのちのことば社 ISBN 9784264027997

参考資料[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ギャラリーimozuru
  2. ^ 博多の旅プランナー リックの旅日記(2015年5月23日)