辻峰拓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
辻 峰拓
生誕 1989年????
出身地 日本の旗 日本 埼玉県さいたま市
学歴 京都市立芸術大学音楽科
ジャンル クラシック
職業 作曲家
編曲家
公式サイト ziituu.web.fc2.com

辻 峰拓(つじ たかひろ、1989年10月2日 - )は、日本吹奏楽作曲家編曲家

人物[編集]

埼玉県さいたま市出身[1]さいたま市立浦和高等学校卒業。高校より吹奏楽部に所属し、コントラバス、ギター、ベースを担当。また、作編曲に興味を持ち、演奏会などで自作を発表する。京都市立芸術大学音楽科作曲・指揮専攻を首席で卒業。作曲を、松本日之春、前田守一、葛西聖憲、中村典子、岡田加津子、トランペットを早坂宏明、吹奏楽法を黒川圭一にそれぞれに師事。京都市立芸術大学大学院音楽研究科作曲専攻を卒業。

主な作品[編集]

  • 「8本のホルンのための3つの楽章」(つの笛作曲コンクール受賞作品/ホルン八重奏)
  • 「沓掛の情景」(第13回 21世紀の吹奏楽「響宴」入選)
  • 「Let's make a spRASH!」(Let's Trombone Quartet委嘱作品/トロンボーン四重奏)
  • 「シャンティータ・ジュリーヴォ」(京都市交響楽団金管セクション委嘱作品/金管十重奏)
  • 「協奏曲」(トロンボーン独奏、打楽器、弦楽アンサンブル)
  • 「一絡げな音楽」(オーケストラ)
  • 「次元交響曲」(オーケストラ)
  • 「偉大な芸術家のための狂詩曲」(京都市立芸術大学トランペットアンサンブル委嘱作品/トランペット六重奏)
  • 「王様と小人」序曲(さいたま市与野南中学校委嘱作品/金管八重奏)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 辻 峰拓”. 辻峰拓公式Facebook. 2014年6月6日閲覧。