辻直孝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
辻 直孝
つじ なおたか
生年月日 (1953-07-15) 1953年7月15日(66歳)
出生地 北海道常呂郡常呂町(現・北見市)
出身校 北海学園大学経済学部
所属政党 無所属

Flag of Kitami, Hokkaido.svg 北海道北見市
当選回数 2回
在任期間 2015年9月28日 - 現職
テンプレートを表示

辻 直孝(つじ なおたか、1953年昭和28年)7月15日[1] - )は、日本政治家。北海道北見市長(2期)。北見市常呂自治区長を歴任した。

来歴[編集]

北海道常呂郡常呂町(現・北見市)出身。1976年(昭和51年)北海学園大学経済学部卒業。1976年(昭和51年)5月北見市役所に入所。2006年(平成18年)5月同市企画財政部参事。2007年(平成19年)9月同市企業局長。2009年(平成21年)4月同市社会教育部長。2010年(平成22年)2月北見市議会事務局長。北見市役所を定年退職後、2013年(平成25年)4月北見市常呂自治区長に就任。

2015年(平成27年)8月6日に櫻田真人北見市長(当時)が自殺。櫻田の死去に伴い同年9月27日に行われた北見市長選挙に自由民主党民主党新党大地の推薦を受けて出馬し、他の新人候補者1人をおさえて初当選[2]、北見市長に就任[3]2019年令和元年)9月8日の市長選でも再選され、2006年の新北見市発足後初めて再選された市長となった(新北見市移行時の神田孝次市長は旧北見市時代を含め3回当選しているが、新北見市での当選は1回のみ)。現在2期目[4]

注釈[編集]

  1. ^ 『北海道新聞』 平成27年9月28日 ひと2015 3面
  2. ^ 現職急死の北見市長選、辻氏が初当選 大差で菅原氏破る どうしんウェブ
  3. ^ 以上につき、『読売新聞』 平成27年9月21日北海道総合面27面
  4. ^ 市長のプロフィール